2016年9月29日 (木)

EVの展示会、少し盛り上がりに欠ける?

 EVEX(EV・PHV普及活用技術展)2016が9月28日(水)~30日(金) の3日間、東京・お台場にある東京ビッグサイトの東ホールで開催されました。これは、電気自動車とプラグインハイブリッド車の「普及」「活用」「技術」に特化したビジネストレードショーです。会場の入り口には午後になっても入場登録の多くの列が並び、会場内も非常に多くの来場者でにぎわっていました。

Evex001
 先日、航続距離が大幅に伸びる改良を行なったBMWのピュアEV BMW  i3、そしてフォルクスワーゲンのPHVモデル、パサートGTE Variantが展示されました。

Evex002
 また、日本エレクトライクの電動3輪自動車の派生モデルとして先日登場した3人乗り(運転席&後席2名乗車)の3輪自動車、エレクトライク3×3(スリーシーター・バイ・スリーホイール)も展示しており、車両展示スペースは活況です。

Evex003
 ただひとつ残念なのは、国内の大手メーカーの出展がなかったこと、でしょうか。

 会場の近くでは、併催となる水素ステーション・インフラ展もありました。こちらの「水素社会の実現に向けた取組の加速」と題された経済産業省 資源エネルギー庁省エネルギー・新エネルギー部 新エネルギーシステム課の山澄 克さんの基調講演も満席で立ち見が出ていました。

Evex004
 2025年には水素社会の実現、というスローガンが掲げられていましたが、現時点では、実際の商売としては、なかなか厳しそうなお話もありました。その講演での厳しい話だけでなく、会場内にはFCVが一台も展示されていないという状況。ちょっと寂しい展示会でした。

 もう少し盛り上がってくることに期待したいですね。

(XaCARレポーター・青山義明)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月26日 (月)

ハセガワの意欲的だが、ちょっと謎な1台

 前回も紹介した全日本模型ホビーショー。1941年創業のプラモデルメーカー、ハセガワは今回もバイクブーム世代に刺さるアイテムを登場させている。

Nsr000
「バリバリ伝説」の巨摩郡モデルのホンダNSR500と、ラルフ・アンダーソンのヤマハYZR500(ともに1/12スケール、限定品で価格は4400円・税別)を5月の静岡ホビーショーで登場させていたが、それに続くモデルとして登場したのが、1989年の全日本選手権GP500クラスを走っていた味の素TERRAカラー(AJINOMOTO HONDA RACING)のNSR500だ。

Nsr001
 TERRAカラーといえば、全日本250クラスに参戦していたNSR250(清水雅弘/小林大)のほうがイメージが強い。実際にTERRAカラーのレプリカのNSRが市販され、タミヤからはNSR250のTERRAカラーのスケールモデルも販売されていた。が、ハセガワでは、あえて、この宮城光さんの500ccマシンをモデル化することにした。 

Nsr002
 バリ伝の巨摩モデル同様、こちらも1/12スケール。限定生産版で、価格は4200円・税別。デカールはカルトグラフ社製(全日本の赤いゼッケンベースのほか黄色ベースの41ゼッケンも選択が可能)。新規パーツとして全日本仕様のブレーキディスクと排気管部品が採用されている。発売は11月25日だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月24日 (土)

ホンダNSXかマツダ・デミオか?

 9月24日・25日の2日間、東京ビッグサイト(東京・お台場)で第56回全日本模型ホビーショーが開催される。それに先立ち23日には業界招待日として関係者やメディアが招待され、開幕を前にすでに会場は盛り上がっています。

Nsx
 そんな中、タミヤのブースでは、なんと新型NSXの実車が展示されています。これはタミヤの1/24スケールのプラモデル、そして1/10の電動ラジコンカーの発売を記念しての特別展示です。1/24スケールモデル、1/10電動RCカーともに10月の発売となります。

Nsx124
Nsxrc
 そんなタミヤのブースでは、23日に会場でサプライズで登場した新製品もあります。それが世界初公開となるマツダ・デミオの電動RCカーです。タミヤのFFシャーシ「M-05」用のボディで、アンダースカートやボディのデカールからもわかる通り、マツダスピード仕様となっていますね。

Demio
 このカラーリングは、マツダがこだわるソウル・レッドを再現するために特別な色を用意したのかと思いきや、既存のカラーだったようです。

Kodo
 こだわりのデカールには、魂動、そしてSKYACTIVのロゴも用意されています。価格は未定で今冬発売予定となっていました。

Hobbyshow
 第56回全日本模型ホビーショーは、東京ビッグサイト西ホール3・4で、24日は9:30~17:00、25日は9:30~16:30、一般入場料は1000円(中学生以下は無料)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月19日 (月)

こんなの知ってる? マツダのフォーミュラマシン!

 今回も引き続き、アメリカからのお話し。マツダといえば、日本ではあまりモータースポーツ色の強くないメーカーの一つですね。その昔、25年前にル・マン24時間レースでマツダの787Bが勝ったことは知っている人は多いでしょうが…。

 でもアメリカではモータースポーツ界に大きな影響を与えるメーカーとして盛り上がりを見せているようです。北米マツダが主導しているのですが、前回紹介したマツダ・レースウェイ・ラグナ・セカもそうですし、グローバルMX-5カップ・シリーズをスタートさせているのも、北米マツダです。

Mrt24
 この北米マツダがこだわっているのが、グラスルーツと呼ばれるエントリーカテゴリーです。このあたりに積極的なサポートを行なっているのです。今回のMX-5カップもそうですが、これを足がかりにステップアップしていこうと思うレーシングドライバーに対し、優秀な成績を収めた選手には、スカラシップとしてステップアップして上位シリーズへの参戦ができるように資金提供するシステムを作っているのです。そのステップアップのシステムをラダー・システムと呼んでいます。その名のとおり、はしごを上っていく、という感じでしょうか? そして合言葉として使われているのが、「MRT24(マツダ・ロード・トゥ・24h)」です。24時間レースへ、というこの言葉の中には、25年前の感動を再び、という思いも込められているのでしょう。

 で、これだけなら、実にわかりやすい話。草レースを応援しつつ、車両の販売にも結び付け、車両およびパーツの販売を結び付けていく、という構図が透けて見えます。

 しかし、マツダは箱車(いわゆる市販車)だけでなく、オープンホイール(アメリカではフォーミュラマシンのことをこう呼んでいます)のカテゴリーでも同様のラダー・システムが構築されています。

Rti
 オープンホイールのシリーズでは、USF2000、プロ・マツダ、インディ・ライツというステップを踏み、いつかはインディアナポリス500マイルレース(インディ500)へという明確なシステムが出来上がっています。こちらはMRT24ではなくマツダ・ロード・トゥ・インディというキャッチフレーズです。

Promazda
 驚くことに、USF2000(2LのMZRエンジン)、プロ・マツダ(レネシス・ロータリー・エンジン)、インディ・ライツ(2LのMZRエンジンにターボチャージャーをプラス)と、3つの下位カテゴリーともにマツダエンジンを搭載しています。

 ですが、インディ500にマツダはエンジン提供もしないし、マツダのロゴマークを背負ったマシンが走っているわけでもないのです。インディ500を含むIRLインディ・カー・シリーズ(アメリカ最高峰カテゴリー)への参戦計画もないようです。

Indylights
 アメリカの自動車メーカーはもちろん、日本のメーカーもインディ500に参戦し、インディ500で勝ったことを大きくアピールしています。

 でもそのトップカテゴリーへの参戦をしない。それにもかかわらず下位カテゴリーのマシンにはエンジンを提供する。一見矛盾した行動のようにも見えますが、北米マツダの関係者に聞くと「あくまでも人にフォーカスしているだけ、グラスルーツに集中している」という言葉のとおり、です。 

若いドライバーを囲い込むのではなく、純粋にその夢を応援する。こういったところを真剣にサポートしてくれているスポンサーはそれなりに多いと思いますが、自動車メーカーは数少ないといえるでしょう。

 しかし、インディ500のグリッドに並ぶ33名のドライバーのうち、今年は23名がマツダからステップアップしたメンバーで構成されていました。昨年は22名だったそうで、確実にマツダのグラスルーツでのモータースポーツ活動が実ってきていることを実感します。

 

まだインディ500で優勝したマツダ出身者はいないのですが、その日も近いでしょう。

(XaCARレポーター・青山義明)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月16日 (金)

マツダ・レースウェイ・ラグナセカのブリッジにあるものとは

 アメリカ、カリフォルニア州モントレーにあるサーキット、ラグナ・セカ。MotoGPやアメリカン・ルマンシリーズなども開催される有名なサーキット(コース全長約3.6km)です。コースの中盤にある15mほどの高低差のあるS字コーナーは「コークスクリュー」と呼ばれ、ここを下り落ちるようにレーシングマシンが走行しているシーンは有名ですね。

Mrls02
 マツダのネーミングライツを取得し、2001年からマツダ・レースウェイ・ラグナセカと呼ばれています。もちろん、マツダの冠をつけているコースだけに、サーキット入り口にはマツダMX-5(日本名:ロードスター)が展示され、コース場内には、マツダのブランドシンボルがリーダーボードの上で回っていたり、ロゴがコースサイド各所に掲げられてたりしています。

Mrls00
 さて、今回マツダが来年から国内でシリーズを開催するグローバルMX-5カップの取材で訪れました。そこであることに気が付きました。

Mrls01
 あることとのは、ラグナ・セカのコースを横断するブリッジのことです。ブリッジの外側は、マツダロゴ及びクーパータイヤの看板が掲げられています。看板でおおわれているのは、危険防止およびブリッジ上での滞留を防止するためのためです。つまり四方がきっちりと覆われていて、ブリッジ内部からはコースが見られないようになっています。

Mrls03
 ですからブリッジを渡る際は殺風景な中を歩くことが多いのですが、ここのブリッジは違います。目線を少し上げると、マツダに関するトリビア的なことが書いてあるのが見て取れます。

Mrls04
Mrls05
Mrls06
 全部紹介したいのですが、トリビアですからね。また別の機会にでも。もし、一度現地を訪れる機会があれば必ず立ち寄ってみてください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 7日 (水)

ドリフトマッスル集団がまさかの4耐優勝!?

 9月3日(土)、27回目となるメディア対抗ロードスター4時間耐久レースが、茨城県にある筑波サーキットで開催された。ゼッケン111 CARトップ&易車網ロードスターは、レース中の最速ラップ(1分12秒048)を出しながらも、最後の最後で残念ながらガス欠、チェッカーできず、という散々な結果。

 この27回目の4時間の耐久レースを制したのは、180周を走り切ったゼッケン86 ホットバージョンロードスター(チーム:ホットバージョン土屋一家)! 2004年以来の 12年ぶりの優勝となった。

Driftmuscle
 今回のドライバーの顔ぶれは、編集部の仁礼義裕さんと、藤野秀之、河野詩音、平岡英郎、川畑真人といったドリフトの面々(2004年時のドライバーは土屋圭市、風間靖幸、杉林健一、戸部肇、本田俊也)。

Driftmuscle2
 予選アタックは川畑選手。1分12秒247のタイムで、予選13番手。決勝を前にして、平岡選手をはじめとする面々は「雨が降ったら一番なんだけど」と雨頼み、の様子であった。

Driftmuscle3
 しかし決勝がスタートすると、順調に周回を重ね、セーフティカーが入った絶妙なタイミングで1分間のペナルティストップを消化するなど作戦も見事に当たり。

Driftmuscle4
 ドライバーは仁礼さんに続き、藤野、河野、川畑、そしてアンカーは平岡という順で展開。多少の接触もありつつ、無事にチェッカーまでクルマを運びきった。

Driftmuscle5
 そして最後は、ウイニングラップ1周してストレートに戻ってきたところで完全にガス欠という完ぺきなレース、であった。

 さて、そんなロードスターレースで勝った藤野選手が活躍するドリフトマッスルは、今週末、9月10日・11日に第4戦が開催となる。第4戦の舞台は、新潟にある日本海間瀬サーキット。残り2戦で、3連覇に大手を掛けるか、間瀬戦も見どころ満載だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月29日 (月)

人馬一体・二軍チーム、いつかは一軍へ?

 来る9月3日(火)は、筑波サーキットで、「第27回メディア対抗ロードスター4時間耐久レース」が行なわれます。今年も27チームが参加。もちろん我々も「#111 CARトップ/易車網 城市一族」として参戦します。そんな年に一度のメディアのお祭りを6日後に控えた、8月最後の週末、同じ筑波サーキットを舞台に、マツダファン・エンデュランス第3戦茨城ラウンドが開催されました。

Matsutai04
 通称「マツ耐」と呼ばれているこのイベント。普段街中で使用しているマツダ車そのままで参加できる非常に敷居の低いサーキットイベント。150分(2時間30分)という規定時間内でどれだけ多く サーキットを周回できるかを競うレースで、給油満タンでスタートし、途中での給油作業はNG。ドライバーは4名まで登録可能で、新旧ロードスターやデミオをはじめ、数多くのマツダ車が参戦します。

Matsutai03
 この茨城ラウンドもグリッドいっぱいの30台のエントリーを受け付けたが、足切りがあったというほどで、盛り上がりを見せています。

Matsutai01
 さて、そんなマツ耐には新型のNDロードスターも参戦しています。その中の一台、よく見ると広島ナンバーのNR-A。わざわざ台風が接近する中筑波までやってくる、好きな人がいるものだなと感心していると・・・。

Matsutai06
 なんと、マツダのそうとう偉い方々がドライバー登録されているじゃないですか! 写真左から3人目の青山裕大執行役員(営業領域総括、ブランド推進・グローバルマーケティング・カスタマーサービス担当)。ドライバーシートに収まっているのは梅下隆一執行役員(カスタマーサービス本部長)。さらに車両開発本部 本部長の松本浩幸さん(写真一番左)。そして工藤秀俊広報本部長(写真左から2人目)、です。

Matsutai05
 そんなとても偉い方々なんですが、すでに4回、このマツ耐に出場しているそうです(そのうち2回はガス欠で完走できず?)。目指すのは、メディア対抗4時間耐久に出場すること、だそうです。メディア対抗レースには、マツダから「#12 人馬一体チーム(藤原清志取締役専務執行役員、前田育男常務執行役員、廣瀬一郎執行役員、そして中山雅主査兼チーフデザイナーとこちらもすごい面々がドライバー登録済み)」が出場します(二軍チームで走っていた青山執行役員はこちらの本戦にも出場)。

 現在のマツダが好調なこともこんなところから伺い知れますね。それにしてもマツダ・チームの層が厚いことがよくわかります。今週末のメディア対抗レースでのマツダ人馬一体(一軍?)チームの結果も気になります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月18日 (木)

ランエボの魂が宿る学生フォーミュラマシン?

 日本の学生によるものづくりを競う学生フォーミュラ。その本戦を前に8月8日(月)から10日(水)の3日間に渡って、3支部合同での試走会が、本戦の会場である小笠山総合運動公園にて行なわれた。その場で、新技術といえる「2モータートルク差増幅型TVD(トルク・ベクタリング・デファレンシャル)」を搭載する学生フォーミュラマシンが登場した。

 TVD、なんだそりゃ? となるわけだが、まず、それは置いておいて、その学生たちを取りまとめるFA(チーム指導教職員。ファカルティ・アドバイザーの略)を紹介しよう。一関工業高等専門学校 機械工学科長教授である澤瀬 薫博士(工学)だ。

Fsae001
 三菱自動車で1996年に世界初のトルク・ベクタリング・デファレンシャル、AYC(アクティブ・ヨー・コントロール)を研究開発して製品化。2001年にランサー・エボリューション(ランエボ)用ACD(アクティブ・センター・ディファレンシャル)、そして2007年には同じくランエボ用S-AWC(スーパー・オール・ホイール・コントロール:車両運動統合制御)を研究開発・製品化したミスターAYCその人である。

 そんな澤瀬教授の下で、学生フォーミュラに参加するのが、一関工業高等専門学校と岩手大学、岩手県立大学の3校による岩手連合学生フォーミュラチーム(SIFT)だ。学生が制作した車両は、EV(電気自動車)クラスへのエントリー。モーターはミツバ製のものを2基搭載。そしてバッテリーにはi-MiEV等でも使用されているリチウムエナジージャパン社製のバッテリーを搭載する。

Fsae002
 搭載する2基のモーターの出力を、左右輪間トルク移動装置となるTVDを介して2つの駆動輪を自在に操るというもの。2つのモーターの間に巨大なユニットが見られるが、それがTVDそのものだ。澤瀬教授曰く「学生が設計したので、マージンを取りすぎたこともあり巨大になってしまいましたが、2/3いかに小さくすることが可能」という。

 現在の重量配分は前30:後70に近い。しかし、澤瀬博士はこれをもっと駆動輪に荷重をかけたいという。20:80でもいいくらい、だという。

Fsae003
 今回の試走会では、TVDの制御誤動作やトラブルが発生しており、満足に走行を重ねることはできなかったものの、実際の試走を行ない、準備は万端といったところ。9月の本戦でその性能を発揮できるか、非常に興味深い。

 ちなみに、だが、澤瀬教授の娘さんは東北大学のチームキャプテンである。つまり東北の2チームに親子でEVクラスで戦う対決が見られるわけである。

 第14回全日本学生フォーミュラ大会は、9月6日(火)から10日(土)にかけて、静岡県小笠山総合運動公園(袋井市・掛川市)で開催される。入場は無料だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月17日 (水)

電気自動車レース、トヨタMIRAIで片山右京選手が参戦!?

 全日本電気自動車グランプリ(JEVRA)シリーズの第4戦となる全日本 富士 EV50kmレースが、今週末に静岡県富士スピードウェイで開催となる。

Start2
 レース距離50㎞で争われる電気自動車レースは、富士のコースを11周で争うこととなる。昨年から参戦を開始している燃料電池車は、前戦もてぎで、ホンダ・クラリティFUEL CELLが参戦し、ついに2メーカー の直接対決がスタートしたわけだが、今回も燃料電池車(EV-F)クラスには4台が参戦する。

17komoda_6
 3台のトヨタMIRAIが参戦するが、そのうちの一台には元F1ドライバーの片山右京選手がこのシリーズ初参戦。また、前回負けてしまったホンダ・クラリティがこの富士戦に対してどのような作戦で戻ってくるのか、その戦いに注目したい。

58kunisawa_3
 他にはBMW i3(EV-2クラス)が2台、日産リーフ(EV-3クラス)が7台、三菱i-MiEVが1台参戦。またトヨタFT86EV(EV-Cクラス)以下4台のコンバートEVも参戦する。

 詳しくはJEVRAホームページまで。入場料は\1000/名となる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 2日 (火)

新型インプレッサのことなら本日発売のスバルマガジンをご覧ください

 SUBARU Magazine Vol.05の発売日が急遽変更になったのは、〆切りに間に合わなかった……のではなく、7月26日にお披露目された新型インプレッサ国内仕様の情報を入れるためだったんです!!

01

お披露目イベントでは、かつて新日本プロレス中継の実況で人気だった辻よしなりアナウンサーの司会のもと、開発メンバーによるトークショーが開催されました。しかし僅か30〜40分のトークショーで開発の苦労を話しきれるわけもなく……そこでスバルマガジンでは、トークショーで“話したりなかった部分”も独自に取材。どの雑誌よりも早い詳細情報をお届けします!

02

 

 また話題の新モデルであるレヴォーグSTIスポーツ、E型BRZももちろん紹介! レヴォーグは理論派ジャーナリスト&レーサーの中谷明彦さんが、BRZは“ドリキン”土屋圭市さんがインプレッション! 両車の走りの“真の実力”が分かります。

03

04

 そのほか、見事にクラス2連覇を果たしたニュル24時間も大特集。“神回避”として話題となったカルロ・ヴァン・ダム選手のインタビューもお届けするほか、いまあえて乗ってみたいスバルオリジナル軽、スバル好き女子を紹介する新連載“スバ女”など、スバル専門誌ならではのディープな情報が満載です!!

20160802subaru

SUBARU Magazine Vol.05  8月2日発売 1300円
●新型インプレッサ国内仕様 初出し!
●最新コンプリートからパーツまで総力特集 STIマジック
●ニュル24時間レース参戦リポート
●六連星に魅せられた女たち スバ女
●今、乗っておきたいスバルの軽
●BP/BLレガシィ現役宣言!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«3000台近くの86&BRZが集まる祭典にGO!