2016年8月18日 (木)

ランエボの魂が宿る学生フォーミュラマシン?

 日本の学生によるものづくりを競う学生フォーミュラ。その本戦を前に8月8日(月)から10日(水)の3日間に渡って、3支部合同での試走会が、本戦の会場である小笠山総合運動公園にて行なわれた。その場で、新技術といえる「2モータートルク差増幅型TVD(トルク・ベクタリング・デファレンシャル)」を搭載する学生フォーミュラマシンが登場した。

 TVD、なんだそりゃ? となるわけだが、まず、それは置いておいて、その学生たちを取りまとめるFA(チーム指導教職員。ファカルティ・アドバイザーの略)を紹介しよう。一関工業高等専門学校 機械工学科長教授である澤瀬 薫博士(工学)だ。

Fsae001
 三菱自動車で1996年に世界初のトルク・ベクタリング・デファレンシャル、AYC(アクティブ・ヨー・コントロール)を研究開発して製品化。2001年にランサー・エボリューション(ランエボ)用ACD(アクティブ・センター・ディファレンシャル)、そして2007年には同じくランエボ用S-AWC(スーパー・オール・ホイール・コントロール:車両運動統合制御)を研究開発・製品化したミスターAYCその人である。

 そんな澤瀬教授の下で、学生フォーミュラに参加するのが、一関工業高等専門学校と岩手大学、岩手県立大学の3校による岩手連合学生フォーミュラチーム(SIFT)だ。学生が制作した車両は、EV(電気自動車)クラスへのエントリー。モーターはミツバ製のものを2基搭載。そしてバッテリーにはi-MiEV等でも使用されているリチウムエナジージャパン社製のバッテリーを搭載する。

Fsae002
 搭載する2基のモーターの出力を、左右輪間トルク移動装置となるTVDを介して2つの駆動輪を自在に操るというもの。2つのモーターの間に巨大なユニットが見られるが、それがTVDそのものだ。澤瀬教授曰く「学生が設計したので、マージンを取りすぎたこともあり巨大になってしまいましたが、2/3いかに小さくすることが可能」という。

 現在の重量配分は前30:後70に近い。しかし、澤瀬博士はこれをもっと駆動輪に荷重をかけたいという。20:80でもいいくらい、だという。

Fsae003
 今回の試走会では、TVDの制御誤動作やトラブルが発生しており、満足に走行を重ねることはできなかったものの、実際の試走を行ない、準備は万端といったところ。9月の本戦でその性能を発揮できるか、非常に興味深い。

 ちなみに、だが、澤瀬教授の娘さんは東北大学のチームキャプテンである。つまり東北の2チームに親子でEVクラスで戦う対決が見られるわけである。

 第14回全日本学生フォーミュラ大会は、9月6日(火)から10日(土)にかけて、静岡県小笠山総合運動公園(袋井市・掛川市)で開催される。入場は無料だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月17日 (水)

電気自動車レース、トヨタMIRAIで片山右京選手が参戦!?

 全日本電気自動車グランプリ(JEVRA)シリーズの第4戦となる全日本 富士 EV50kmレースが、今週末に静岡県富士スピードウェイで開催となる。

Start2
 レース距離50㎞で争われる電気自動車レースは、富士のコースを11周で争うこととなる。昨年から参戦を開始している燃料電池車は、前戦もてぎで、ホンダ・クラリティFUEL CELLが参戦し、ついに2メーカー の直接対決がスタートしたわけだが、今回も燃料電池車(EV-F)クラスには4台が参戦する。

17komoda_6
 3台のトヨタMIRAIが参戦するが、そのうちの一台には元F1ドライバーの片山右京選手がこのシリーズ初参戦。また、前回負けてしまったホンダ・クラリティがこの富士戦に対してどのような作戦で戻ってくるのか、その戦いに注目したい。

58kunisawa_3
 他にはBMW i3(EV-2クラス)が2台、日産リーフ(EV-3クラス)が7台、三菱i-MiEVが1台参戦。またトヨタFT86EV(EV-Cクラス)以下4台のコンバートEVも参戦する。

 詳しくはJEVRAホームページまで。入場料は\1000/名となる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 2日 (火)

新型インプレッサのことなら本日発売のスバルマガジンをご覧ください

 SUBARU Magazine Vol.05の発売日が急遽変更になったのは、〆切りに間に合わなかった……のではなく、7月26日にお披露目された新型インプレッサ国内仕様の情報を入れるためだったんです!!

01

お披露目イベントでは、かつて新日本プロレス中継の実況で人気だった辻よしなりアナウンサーの司会のもと、開発メンバーによるトークショーが開催されました。しかし僅か30〜40分のトークショーで開発の苦労を話しきれるわけもなく……そこでスバルマガジンでは、トークショーで“話したりなかった部分”も独自に取材。どの雑誌よりも早い詳細情報をお届けします!

02

 

 また話題の新モデルであるレヴォーグSTIスポーツ、E型BRZももちろん紹介! レヴォーグは理論派ジャーナリスト&レーサーの中谷明彦さんが、BRZは“ドリキン”土屋圭市さんがインプレッション! 両車の走りの“真の実力”が分かります。

03

04

 そのほか、見事にクラス2連覇を果たしたニュル24時間も大特集。“神回避”として話題となったカルロ・ヴァン・ダム選手のインタビューもお届けするほか、いまあえて乗ってみたいスバルオリジナル軽、スバル好き女子を紹介する新連載“スバ女”など、スバル専門誌ならではのディープな情報が満載です!!

20160802subaru

SUBARU Magazine Vol.05  8月2日発売 1300円
●新型インプレッサ国内仕様 初出し!
●最新コンプリートからパーツまで総力特集 STIマジック
●ニュル24時間レース参戦リポート
●六連星に魅せられた女たち スバ女
●今、乗っておきたいスバルの軽
●BP/BLレガシィ現役宣言!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月29日 (金)

3000台近くの86&BRZが集まる祭典にGO!

 7月31日に富士スピードウェイで開催される『86 Style with BRZ』。2010年にスタートしたイベントで、今年で7回目となる。3000台近くの86&BRZが集合し、富士スピードウェイが86&BRZだらけになる1年に1度のビッグな祭典なのだ。

18002

 主なコンテンツとしては『織戸 学vs谷口信輝、夢のドリフト対決』、『G-SHOCK Presents FORMULA DRIFT JAPAN特別戦TOPTULサポートマッチ』、『86&BRZパレードラン』、『ココ見てっドレスアップ&カスタマイズコンテスト』、『土屋圭市トークショー・ドリキン言いたい放談』、『水戸納豆レーシング・ハチロク虎の穴エンジン解体ショー』などなど、ステージもコースも充実の内容となっている。

2

 XaCAR編集部は毎年イベント広場にブース出展していて、今年はKUHL Racingと一緒にブースを展開。登場したばかりのKUHL Racingのデモカー(ワイドバージョン)2台を展示しつつ、『XaCAR 86&BRZ magazine』や『TOYOTA 86 PERFECT BOOK』、姉妹紙『CARトップ』、『SUBARU Magazine』など雑誌の販売を行います。

160716kuhl_095

オ フ会駐車場やドレスアップコンテスト会場では、XaCARスタッフがオーナー取材を敢行します。また、早朝並んでいる人を対象に後期86&BRZについてのアンケート用紙を配布します。ご記入のうえ、イベント広場内のXaCARブースへお持ち頂くと、XaCAR特製ステッカーをプレゼントしますので、みなさんのご協力よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月26日 (火)

今週末、富士では86&BRZ祭り!

 今週末(7月31日)は、富士スピードウェイで

Fuji 86 Style with BRZ 2016」が開催となる。もちろんXaCARも出展予定だ。

000

 土屋圭市さんや織戸 学さん&谷口信輝さんはもちろん、毎回さまざまなゲストが来場するこのイベントだけに、会場内で目を凝らしてまわることをお勧めする。

Nutahara01
 全日本ラリー選手権で9回タイトルを獲得し、今年のパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム(6月26日決勝)にTRDの14R-60で参戦した奴田原文雄選手も来場する。86&BRZのイメージがあまりないかもしれないが、要チェックだ。

Nutahara02
 残念ながら、参戦した14R-60は、いまだサンフランシスコの港に置き去りにされているみたいだが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月25日 (月)

電気自動車レース、7シーズン目にして初のもてぎ開催!

 全日本電気自動車グランプリ(JEVRA)シリーズの第3戦が、今週末7月31日に開催となる。前戦の第2戦も初めて開催となるスパ西浦(愛知県)であったが、今回も、シリーズとしては初の開催となるツインリンクもてぎ(栃木県)で行なわれる。

Jevra2_start
 このJEVRAシリーズは、レース距離50㎞で争われる電気自動車だけのレースであり、ピュアEVおよび燃料電池車のみ参戦が可能(プラグインハイブリッド車はエンジンを使わなければ参戦OK)。今回はツインリンクもてぎのコースを10周で争われる。

Clarity_fuel_cell
 エントリーは全部で11台。参戦最多となる日産リーフ(EV-3クラス)が5台。ほかには、BMW i3(EV-2クラス)、三菱i-MiEV(EV-4クラス)が1台参戦する。また今シーズンは、燃料電池車(EV-F)クラスにトヨタMIRAIが参戦しているが、今回はこのクラスにライバルが出現する。それがホンダの燃料電池車クラリティFUEL CELLだ。燃料電池車2台の走りの違いを見ることができるチャンスでもある。またこのEVレースの王者的存在のトヨタFT86EV(EV-Cクラス)にどこまで迫れるか、にも期待したい。

 JEVRAシリーズは、10月30日の最終戦でも同じツインリンクもてぎで行なわれるが、最終戦ではレース距離が5km増えて55kmレースとなる。そのため、今回とは戦い方も異なることになる。

 詳しくはJEVRAホームページまで。入場料は\1000/名(駐車料は1000円/台)となる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月11日 (月)

キング・オブ・ネーションズに見るドリフトマッスル勢のすごさ

 キング・オブ・ネーションズ(King of Nations Drift Championship)という土屋圭市さんが監修したイベントの日本戦が、7月2日、3日のエビス・サーキット(福島県)、そして7月9日、10日日光サーキット(栃木県)で行なわれた。

King_of_nations_drift_championship
 アラブ首長国連邦、マレーシア、タイと世界各地を巡って開催されるドリフト・シリーズがキング・オブ・ネーションズであり、そのうちのアジア地域を限定したキング・オブ・アジア・ドリフト・プロ・シリーズも同イベントでタイトルがかけられている。

 今回の日光戦では、ドリフトマッスルの常連メンバーも多数参戦。それも、マシンレギュレーション的には劣ると言わざるを得ないドリフトマッスルの車両で参戦していた。

Kentarou1
 川井謙太郎選手(AUTO-TECJZX100チェイサー/JZX100)は予選セッションで最高速122km/hをマークするなど、活躍。決勝戦では対戦相手がエンジンが掛からず、グリッドで待たされるなどコンセントレーションを乱されることもあったものの、きっちり5位を獲得。

Tsubasa2
 前田翼選手(バーダルオディエイティー/RPS13)は、ベスト32から篠崎義訓選手を相手にサドンデスで勝ち上がり、さらにベスト16ではキング・オブ・アジアのタイトルを獲得したマイケル・プロセニックを相手に2度もサドンデスに持ち込むなど、引けを取らない走りを魅せてくれた。

Samurai1
 ドリフト侍選手(BN GRID TSP FD/FD3S)はD1ドライバーを相手に接触などもあって、最終的にはマシンの不調で残念ながら下位に沈んだものの、レース後にドリフトマッスル参戦ドライバーたちが、そのマシンのハンデを感じさせない走りを魅せ、さらに互角に戦っているのは、マッスルで鍛えられているからだ、と。

 厳しいマッスルの審査レベルの高さについていくことで、各選手の技術もより高まっているのだという。マッスルのドライバーがこのアジア・シリーズを制する日が来るのを待ちたい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 6日 (水)

愛犬と行く旅 2016~2017が発売されました!

 愛犬家のみなさん、お待たせしました。ワンちゃんと旅する行動派のためのドライブガイド「愛犬と行く旅」の最新版2016-2017が完成しました! 今回も東日本の人気リゾートエリアを中心に、「ペットと泊まれる宿」「ペットと一緒に遊べるスポット」「ペットと一緒に食事を楽しめるグルメ」の情報をドドーンと大収録。これを読めば、次の週末はお出かけしたくなっちゃうはず。

A
 さらに今回は、高速道路のサービスエリア/パーキングエリアのドッグラン情報、自動車メーカーの純正ペットグッズカタログなども盛り込みました。ぜひ手にとってご覧くださいね。

 

■ワンちゃん同伴大歓迎!
至極のホテル/ペンション/旅館を完全収録!

C
■軽井沢/那須高原/箱根/伊豆/富士五湖/千葉/房総/八ヶ岳/白馬などエリア別でわかりやすい!
■ペットと遊べるプレイスポット
■一緒に食事を楽しめるグルメ情報

B
■高速道路SAPAドッグランマップ

20160630pet
アクティブライフ・シリーズ003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 5日 (火)

今週末、King of Nationsドリフト選手権・日光戦開催

 キング・オブ・ネーションズ。アラブ首長国連邦、マレーシア、タイと世界各地を巡って開催されるドリフト・シリーズである。その第4戦及び第5戦はドリフト競技の発祥地、日本での開催となる。シリーズは日本戦ののち、最終戦は第6戦のブラジル(10月22日23日)で開催。また、そのほかにエキシビジョンで、スペイン、オーストリア、オーストラリア、メキシコでも開催となる。

Battleamandio
 福島県にあるエビス・サーキットでは、7月2、3日、キング・オブ・ネーションズ第4戦およびキング・オブ・アジア・ドリフト・プロ・シリーズ第3戦が行なわれた。

Naokinakamura
 2日に開催された予選セッションでは、ドリキンこと土屋圭市さんも絶賛する中村直樹選手が97.12点で予選トップ通過。続く2番手には90点で斎藤太吾選手が通過。

Daigosaitou
 しかし、天候が不安定な日曜の決勝では、外国人選手のレベルが安定していて高得点をマーク。日本人選手にとっては厳しい戦いとなった。

Emmanuelleamandio2_2
 結果、現在ポイントランキング3番手(アジアでは2番手)のエマニュアル・アマンディオ選手が優勝。2016シーズン初参戦となった斎藤太吾選手が、昨年の日光戦に続く2位。今シーズンのドリフト・マッスル開幕戦制した箕輪慎治選手が3位に入った。続く第5戦(アジア第4戦)は栃木県にある日光サーキットで、7月9、10日で開催となる。

 日本で観ることができれるドリフト競技の中でも、異国な雰囲気と独特の進行スタイルが楽しめるこのキング・オブ・ネーションズ。日光戦には土屋圭市さんも来場予定だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 4日 (月)

ドリフト専用マシンはこうなる?

 2016シーズンのドリフトマッスル第3戦は、宮城県にあるスポーツランドSUGOで7月2日、3日の2日間にわたって開催された。

Muscle3
 梅雨空の下で開催ということもあって、ウエットの予選、ドライの決勝という難しい路面コンディションとなった。その激戦を勝ち抜いたのは、ドリフトマッスル2年連続チャンプこと藤野秀之選手。藤野選手にとっては今季初優勝となる一戦であった。詳細についてはWEB CARTOPをご覧ください。

 さて、前戦の名阪戦には川畑真人選手がプライベートカーのシルビアで参戦。そのシルビアが異様なマシンであったのは、前回のこのページでもお伝えした通り。

 今回のSUGO戦は、川畑選手は参戦しなかったので、あの「ラリー車」、「美しさのカケラもない」、「かっこわるい」、「気持ち悪い」、「虫みたい」と酷評された車両を見ることはできなかった。

Kamiyas142
 だが、ドリフトマッスルの2人の審査員である、土屋圭市さんと稲田大二郎さんに再び酷評されるクルマが登場した。それが神谷幸助選手の#72 神谷S14だ。見るとどことなく川畑号にも似ている。さらには、ボディカラーも黄緑色で、より虫感が出ている?

Kamiyas14
 やはり、ドリフトマシンの新しい潮流となりつつあるのだろう。いずれドリフトの世界はこんな車両ばかりになるのかも!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«【パイクスピーク’16考察】8分は狙える?