2016年12月31日 (土)

新車の性能評価にはこんなにドラマがあった!

 自動車雑誌がクルマの本格的な性能を確認する定番のテストコースが、茨城県にある筑波サーキットだった。だった、というのは、最近では筑波サーキットを借りて新車のテストをする雑誌は珍しく、いまはCARトップだけが40年以上続けている。話題のニューモデルがどんなタイムで周回できるか、車好きはそのタイムアタックに一喜一憂したものだ。

Tsukuba_2

 車の性能を決めるのはサーキットの周回タイムがすべてではないが、ブレーキを含めた限界性能や、急な挙動での安定性など、サーキットでは安心してテストが進められる。

 かつては1分10秒を切れば相当に速いクルマだった。時は流れ、新型NSXやGT-Rは1分3秒前後までタイムを詰めることができるようになったし、安全性能も格段に進化している。いまでも、このサーキットはクルマの持っているポテンシャルをしっかりと教えてくれるのだ。

1tsutsumi_2
津々見友彦さん

 1970年代後半に始まったCARトップ筑波テストは、レースで活躍していた津々見友彦さんに数多く走ってもらった。その後、あの中島悟さんにもお願いしたがトップドライバーになった中嶋さんは、なかなかスケジュールが合わない。そんなことで、いろいろなドライバーに筑波テストをお願いしていたが、僕としてはなんとか「定点観測したいなー」と思い始めていた。

2nakajima_2
中嶋悟さん

 1985年にCARトップ編集長になった僕はすぐに清水和夫さんに会ってお願いした。「ぜひ、毎月必ず筑波サーキットテストをしてください。スケジュールを優先して明けて欲しい」と頼み込んだ。そこから毎月清水和夫さんの筑波テストが始まった。

3shimizu_2
清水和夫さん

 実はプロドライバーの腕前は素晴らしく、生産車ならどなたでも1秒以内のタイム差しかない。当時は、やっと国産スポーツカーが1分10秒を切り始めた時だった。それでも、「一人のドライバーが同じ条件でテストする」ことにこだわった。毎号のデータの積み重ねは自動車メーカーも気になり始め、開発の目標値に筑波サーキットのタイムが加わるようになった。

 時はながれ、いま排ガス問題を克服したクルマたちが生き生きと走り、電気自動車がスポーツカーの概念を変えようとしている。筑波サーキットは、今後も様々な伝説を作ってくれるに違いない。(編集長・城市邦夫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月21日 (水)

北海道ロケの始まり?

 寒くなってきました。雪上試乗会や来夏発売のスタッドレスタイヤの新製品取材会といった冬季ならではの恒例の北海道ロケがスタートしました。

Mazda001
 
ということで、今回は「マツダ車雪上取材会」に行ってきました。会場は、マツダが国内に持っている試験場の一つ、北海道上川郡剣淵町にあるのが北海道剣淵試験場です。北海道にあるということからもわかる通り、この試験場では毎年1月から2月にかけて、冬季耐寒試験を行なっています。

 1年で日が一番短い時期での開催ですが、試験場の冬季耐寒試験の本格的にスタートする前に、ということでの開催ですね。今回の取材会はマツダ車の4WD性能や様々な冬のドライブに関するマツダの取り組みを紹介するもので、今回で3回目となります(剣淵試験場で行なったのは今回が2度目)。

Mazda002
 会場には、マツダの新世代商品群の車両が並び、もちろん先日発表になったばかりの2代目CX-5も登場。もちろん試乗する機会も設けられました。

Mazda003
 今回は他にもワークショップという形で、「i-ACTIV AWD」を体感したり、マツダが進めているダイナミクスの統一感を持たせた車両挙動の制御である「G-ベクタリングコントロール」や操縦安定性能などを実感できました。

Mazda004
 雪国で多く使われている長靴での運転操作の実情など、日常的に積雪路をドライブすることの少ない我々取材班には面白い体験も。詳しくは次号のCARトップ誌でぜひ!

 ということで、北国での取材シーズンもスタート。これから他にも北海道ロケが続きますよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 9日 (金)

今年最大の筑波ロケ敢行

 冬晴れのいい天気に恵まれた12月某日。筑波サーキット・コース2000の1~11番ピットはCARトップ専用スペースとなっていました。

Cartoptsukuba01
 今年最後の筑波サーキットのロケを、CARトップ本誌と別冊とで取材を同時に敢行。そのため今回筑波に持ち込まれたテスト車両、その数なんと16台。これで一斉ロケを行なったのです。

Cartoptsukuba02
 このロケでは、ドリフトキング、ドリキンこと土屋圭市さん、筑波アタックのテスターである清水和夫さん、そして理論派ジャーナリストの中谷明彦さんというおなじみの3名がテスター。これに日産、ホンダ、スバルの開発担当者も加わり、もちろん編集部員は全員出動。カメラマンは誌面用に3名、さらに動画取材班として5名が加わるという、大所帯での取材でした。

Cartoptsukuba03
 日の出前からスタートした恒例の筑波アタック、そして、最後には筑波山にて動画撮影と恒例の筑波サーキットだけでない大展開。夕方5時、都内に戻った土屋さんが発したのは「おなかすいた~」。はい、ロケはぶっ通しで行なわれ、ランチタイムもなかったハードなものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月28日 (月)

12月4日はホンダレーシングサンクスデイに行こう

  世界で唯一、二輪と四輪の最高峰レースに参戦を果たしているメーカーと言えば、ホンダしか無い。しかも二輪でも四輪でも世界タイトルを獲得している。2016年も二輪の世界選手権であるMOTO GPでチャンピオンを獲得、四輪の最高峰であるF1グランプリではエンジンコンストラクターとしてマクラーレンにエンジンを供給している。

1

  もちろん国内の最高峰であるスーパーフォーミュラやスーパーGTにも参戦。さらに底辺モータースポーツである参加型レースの取り組みにも積極的であり、世界でも屈指のテクニカルコースである鈴鹿サーキットとツインリンクもてぎという二つの素晴らしい国際的レーシングコースを有していることも、ホンダというメーカーならではである。

 そんなホンダが、ファンのためにモータースポーツのシーズンエンドに行なっているのが、Honda Racing THANKS DAYだ。2輪のGPライダーで今年3度目のチャンピオンを獲得したマルク・マルケスとダニ・ペドロサが来日。もちろんF1ドライバーのフェルナンド・アロンソとジェンソン・バトンの出場も決まっている。

  中でも注目のイベントは、ホンダワークスのドライバーとライダーを交えてのプライドを掛けて争われるCR-Zを使ってのワンメイクバトルで、その名も「ドリーム対決 Honda Racing No.1決定戦」。もちろんレーシングカーに触ったり、レーシングカーの助手席に乗れたりするスーパー体験も出来るのが、このイベントだ。

3

  そしてこのイベントには、恒例のCARトップブースを出展! さらにモータースポーツ好きならすでにご存知かもしれないが、世界で一番読まれているレース関係WEBサイトである「motorsport.com」の日本版編集部も出展決定。CARトップ&motorsport.comブースへの寄り道、歓迎します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月21日 (月)

GAZOO Racing フェスティバルに出展します

 秋のトヨタのビッグイベントというと、富士スピードウェイで開催される『GAZOO Racing フェスティバル』である。開催日は11月27日で、開催時間7:00〜16:30(ゲートオープン6:00予定)。入場無料(駐車場有料)という超太っ腹なイベントなのだ。

 

1

 

富士スピードウェイ全体を使った楽しいコンテンツが盛り沢山で、メインコースでは、ウェルカムセレモニーから始まり、SUPER GT/SUPER FORMULAスペシャルバトル、86/BRZ&Vitz Race、ラリー選手権エキシビジョンマッチ、レーシングカー同乗体験&サーキットタクシー、サーキットサファリなどリアルなモータースポーツを観れたり、体感することができるのだ。

 

2

 

 参加ドライバーも豪華。スーパーフォーミュラやスーパーGT、全日本ラリー、ニュルブルクリンク、ダカールラリー、ドリフトなどに参戦している日本を代表するドライバーたちが勢揃いする。
「会いに行くアイドル」AKB48 Team8も登場。チーム8最速女王の名をかけてカートグランプリ予選を開催!! スペシャルライブも実施されるので、AKBファンにとってもスペシャルなイベントになっている。

 

Akb

 

また、XaCAR 86&BRZ magazineとCARトップもブース出展(場所:イベント広場内メインステージの真横)。今年はCARトップ編集部のMIRAIと、XaCAR 86&BRZ magazine編集部の86。このほかに、藤壺技研工業から後期型BRZのデモカーと、発売されたばかりのBRZ GTも展示する。

 

B

当日は、雑誌販売はもちろん、スペシャル価格でバックナンバーの販売。また、XaCAR 86&BRZ magazineの年間購読の受付も行なう予定なので、みなさんXaCAR 86&BRZ magazineとCARトップブースに遊びに来てくださいね。

Photo

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月10日 (木)

偉大なる大衆車カローラ

 1966年11月、初代カローラが発売されました。『日本のハイクラスコンパクトカー』をキャッチコピーに登場し、現在に至る半世紀の間に全世界で累計4379万台(国内累計1258万台、2016年6月時点)を販売した名車です。

Corolla01
 この夏に幕張メッセで開催された「AUTOMOBILE COUNCIL 2016」では、トヨタ自動車が初代カローラ、TE27カローラレビン、カローラ1600GT(TE71)、カローラ生誕50年記念限定車アクシオHYBRID G “50 Limited”の4台を出展しました。

Corolla02
 また、カローラといえばセダンを中心にクーペやバン、ステーションワゴンなど、ボディタイプの異なる魅力的な派生モデルも数多く生まれています。漫画「頭文字D」の主人公が乗るAE86(カローラレビンじゃなくスプリンタートレノでしたが……)は、5代目カローラをベースにしたスポーツクーペで、発売から30年以上が経過したいまでも世界中で多くのファンを魅了する名車の1台です。

Corolla03
Corolla04
 高度経済成長の真っ只中に初代カローラが発売され、その後のバブル経済やバブル崩壊、2000年代に入り長引く不況など、大衆車だからこそ時代を色濃く反映し続けてきたクルマがカローラだといえるでしょう。8月に発売されたCARトップ10月号では、そんなカローラ生誕50周年の歴史を振り返っています。改めてご覧くださいね。

Corolla05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 2日 (水)

クラリティの大人げない仕様とは?

 全日本電気自動車グランプリ(JEVRA)シリーズ、2016シーズン第6戦は栃木県にあるツインリンクもてぎでの55kmレースをもって7年目のシーズンが終了となります。

 トヨタ・ミライの発売に遅れること一年強、2016年3月に市販されたホンダ・。クラリティ FUEL CELLが、このシリーズに初参戦したのは、7月末のJEVRA第3戦もてぎでのことです。このときは、クラリティは全くのツルシの状態で、すでに2シーズン目となり競技車両に仕立てられたミライとの差は歴然。続く第4戦富士では、元F1ドライバー片山右京の乗る”タイヤだけ交換した”ノーマルのミライにも惨敗していました。

Jevra6_001
 そして、JEVRA戦を1戦欠場して、クラリティが再び戻ってきました。それも、カラーリングまで施されて本格仕様です。トレーラーから現れた姿に周囲もどよめきます。

Jevra6_002
Jevra6_003
 車室内ははがせるものはすべてはがした、本格軽量化仕様です。この時点でカタログスペックよりも250kg近く軽いらしいです。

Jevra6_005
 さらには、フロントの上下2つあるグリルにあったメッシュが切り取られています。メッシュ自体は穴の大きなモノなので、それほど効果があるようには見えないんですけどね。こちらは軽量化というよりは、冷却を意識しているとのことです。

Jevra6_004
 そしてなによりも強力な武器は足回りでしょう。BBSの軽量ホイールRFに、245/40R18サイズのBSポテンザRE71Rを履いています。サスペンションも変わっているようです。ホイールハウス内のインナーフェンダーもありません。

Jevra6_007
 そして、走り出しから速くて、4.8kmのもてぎのロードコースで、予選セッションではミライ勢に対して3.4秒速く、決勝中のベストラップもミライに対して7秒近いタイムです。

Jevra6_008
 決勝レースでは、オープニングラップからトップ争いに絡み、ファイナルラップ直前にテスラModel Sに抜かれるまでトップを快走。最終的には2位(クラス優勝)でレースを終えています。レース後ドライバーの菰田潔選手は「いやぁ、トップを走るのは気持ちいいねぇ」と、満面の笑み!

Jevra6_006
 ちなみに、走行前に急きょ純正シートを装着していました。JEVRAシリーズでは競技規則に「車両検証記載の乗車定員の座席数を確保しなければならない」という表記がありまして…。ちょっとやりすぎちゃいましたね。

(XaCARレポーター・青山義明)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 1日 (火)

ドリフトマッスル最終戦・日光、今週末開催!

 2011年に土屋圭市と稲田大二郎によって「腕一本で勝負」というキャッチでスタートしたドリフトマッスル。その6年目のシーズン最終戦となる「BRIDE Presents LIFEGUARD The Drift Muscle 2016 Rd.6」が栃木県の日光サーキットで開催される。

 今シーズンのスーパーマッスルクラスでは、開幕から箕輪慎治(開幕戦日光優勝)、川畑真人(第2戦名阪優勝)といったD1ドライバーに勝ち逃げされるという展開。

Dm_sm_fujino
 しかし、今年乗り換えとなったマシンもしっかりと煮詰めてきた藤野秀之選手(#1 WISTERIA シルビア)が、第3戦菅生、第4戦間瀬を制しポイントリーダー。ランキング2位の神谷幸助選手(#72 神谷 S14)が19ポイント差、前田 翼選手(#74 バーダルオデエイティー)が20ポイント差でこれを追う。

Dm_sm_kamiya
 ランキング4位の中村大介選手(#79 中村屋S15/24ポイント差)までがタイトルの可能性があるのだが、藤野選手はもちろん最終戦出場予定。最大獲得ポイント26点のドリフトマッスルで、この点差はなかなか厳しいものとなっている。

Dm_sm_maeda
 週末のスケジュールは、以下の通り。両日ともに走行を見るだけでなく、同乗走行やサイン会、トークショーなども予定されているので、一日しっかり楽しめるだろう。

<11月5日(土)>
マッスルクラス予選単走・決勝追走トーナメント
スーパーマッスル・チャレンジクラス スポーツ走行
スーパーマッスルクラスドリフト同乗走行(予定)

<11月6日(日)>
スーパーマッスルクラス公式練習・決勝追走トーナメント
マッスルチャレンジクラス練習走行・決勝単走2本
スーパーマッスルドライバーによるサイン会
土屋圭市氏によるトークショー
フィナーレ&シリーズ表彰式

 ドリフトマッスル最終戦・日光(日光サーキット:栃木県宇都宮市高松町984)は、入場料無料、駐車料金は2000円(二輪は:500円)/台となっている。詳しくはドリフトマッスルのホームページまで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月31日 (月)

長崎のお土産といえば…

 編集部のスタッフが2泊3日の長崎取材に行ってきました。いつも誰かが出張すると、お土産が持ち込まれます。

 今回は長崎の県北地域を回るということで、佐世保を中心に取材をしてきました。そしてお土産です。長崎といえばカステラ、というのが定番のようですが、今回は変化球を投げてきました。

Kasudosu01
「平戸藩主 松浦家お留め菓子 ポルトガル伝」となんだか仰々しい肩書きのお菓子「カスドース」です。

Kasudosu03
 卵黄にカステラを浸し、それを沸騰した糖蜜で揚げ、最後にグラニュー糖をまぶしたお菓子で、その昔は平戸のお殿様しか食べられなかったという逸品です。平戸周辺で手に入れることができますが、それ以外ではあまり入手できないようです。

 まぁ、その味は、想像できると思いますが、しっかりとした甘さがあります! 

 長崎は伝統的に砂糖をしっかり使った食物が多いです。江戸時代の出島での貿易で上質な砂糖が比較的手に入れやすかったことと、甘さがそのおもてなしの度合いに現れていたからと言われます。

Kasudosu02
 ちなみに、5個入りで972円。ひと口サイズが200円弱、ということで、編集部にやってくるお土産の中でも高級品に分類されます(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月25日 (火)

EVレース、2016シーズン最終戦は今週末開催!

 全日本電気自動車グランプリ(JEVRA)シリーズの2016シーズン最終戦(第6戦)となる「全日本 もてぎ EV55Kmレース大会」が10月30日、栃木県にあるツインリンクもてぎで開催となります。

Jevra6_01
 前戦の筑波戦と同じく、このもてぎでも今シーズン2度目の開催となり、レース距離は前回の50㎞から55kmに延長。周回数11周で争われます。

 前回の筑波戦で大きな話題となったのがテスラ モデルS(EV-1クラス)の初出場。決勝レースでは、スタートから飛ばしていたもののブレーキ系のアラートが出たためにレース中盤にリタイヤ。その真価はこのもてぎ戦へと持ち越されました。

 前回もこれまで通り総合優勝を続けているコンバートEVのトヨタFT86EV(EV-Cクラス)がそのライバルとなりますが、スペック的にはモデルSには及ばないため、今回モデルSがどのような戦略でやってくるのか、非常に楽しみな一戦です。

Jevra6_02
 他にもFCV(燃料電池車)のトヨタ・ミライとホンダ・クラリティのガチンコ対決も引き続きみられることとなります。JEVRA最終戦は、入場料1000円/名(駐車料1000円/台)となります。詳しくはJEVRAホームページまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«スバルが頂点を獲る日は?