2017年6月12日 (月)

インディ500優勝ドライバー佐藤琢磨が凱旋帰国

 アメリカ・インディアナポリスレーシングウェイで5月28日に開催された、インディ500レースにおいて、佐藤琢磨選手が日本人として初めて優勝。その佐藤琢磨選手が先ほど成田に凱旋した。
Takuma1

また、レースウィークの軌跡もご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土屋圭市のS耐決勝結果は?

 鈴鹿サーキットで開催されたスーパー耐久決勝戦、土屋圭市さんのレース結果は、こちらをご覧ください。土屋さんは第4戦オートポリスでも出走予定なので、次回もお楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日)

S耐の土屋圭市さん、やっぱりいいですね

 本日鈴鹿サーキットで開催されたスーパー耐久のST-TCRクラスに、2003年以来の公式戦出場となる土屋圭市さんが出走。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 8日 (木)

スバルが惜しくも逃したニュル3連覇

 参戦10年目、クラス3連覇を目指してニュルブルクリンク24時間耐久レースに挑んだWRX STI。結果は残念ながらリタイヤとなってしまった。

Photo_6

 今年は近年では珍しく、30℃近い気温で悲鳴をあげるマシンが多数。新車を用意して挑んだWRX STIも、最初のピットイン時に燃料が気化してしまうパーコレーション症状が発生。再始動に手間取ってしまう。ライバルチームもタイヤバーストなどが相次ぎ、今年は暑さとの闘いになることが予想された。

Photo_2

Photo_3
 そして、明け方には接触、チェッカーまで残り3時間を切ったところで車両火災に見舞われてしまう……。こうして波乱の展開となったWRX STIの24時間は幕を下ろしたのだ。

Photo_4

 ただ、やはりお祭り的な感覚のあるニュル24時間耐久レース。同じSP3Tクラスに参戦するトヨタガズーレーシングは、レクサスRC1台のみでの参戦。ドライバーのひとりは、スーパーGTでBRZのステアリングを握る井口卓人選手だ。スタート前、マシンが前後に並んだため辰己英治さんがトヨタガズーレーシングへ表敬訪問。井口選手にもエールを送っていた。

Sti

 会場にはSTIの平川良夫社長も訪れ、走行を終えたドライバーたちに声をかけ、労っている姿がとても印象的だった。また、日本からの応援ツアーも駆けつけてくれた。

Photo_5

 残念な結果に終わってしまったが、来年は再びクラス優勝を手にしてほしい。
スバルマガジンVol.10にも記事を掲載しているので、ぜひご覧ください。(編集部・原田)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月18日 (木)

コンセプトカーのお披露目に多くのメディアが!

 GLMが、旭化成と共同で、走るコンセプトカーを開発し、2017517日、都内でお披露目されました。

Akxytm01

 その車両は「AKXYTM(アクシー)」と名付けられています。前席1名、後席2名の3人乗りで、ガルウイングを採用、クーペ風の長くなだらかなルーフラインを持つ、次世代クロスオーバー車です。ちなみに車両名の由来は「Asahi Kasei ×You(お客様)」から取ったということです。  

Akxytm02
 車両の3サイズは、全長4685×全幅1813×全高1562mm)。使用するモーターはトミーカイラZZと同じ、最高出力225kW305馬力)のものを搭載します。旭化成の最先端技術や部材・システムを計27品目搭載しており、旭化成の動くショールーム的なコンセプトカーですね。コンセプトカーなのですが、ハリボテではなく、しっかり走るというのが、今回のキモ。コンセプトカーの発表にもかかわらず、会場にはTV局なども多く駆け付けました。

Akxytm04
 GLMではこれまで、完成車事業とは別にプラットフォーム事業も軌道に乗せたいという考えを発してきています。完成車だけでなく、その中身だけを販売するということです。イメージとしては、走行に関わるところはGLMで調達し、オリジナルのボディを架装したいというメーカーへ販売をしていくというモデルです。GLMは、今回このプラットフォーム事業を本格始動すると言っております。

Akxytm05
 ただ、この車両はコンセプトカーで、1台のみの制作です。これまで明らかにされていたプラットフォーム事業という考えからは少し違うような感じですね。

Ao8_9756
 このアクシーについては、2年ほど前からスタートし、実際にクルマを作るというのは1年ほど前から立ち上がったプロジェクトだったということで、それなりの時間をかけてじっくりと製作された一台なわけです。GLMが最初に量産したトミーカイラZZのプラットフォームを使っていると表記されていますが、EV関連ユニットを使用しているだけで、シャシーは新しく起こしています。2人乗りの非常に軽量なトミーカイラZZに使用しているシャシーで、軽量化をしているとはいえ、SUVボディのモデルはさすがに無理でしょう。ちなみに、駆動方式も明らかにされていません。

 

個人的には、試作車量製作事業が立ち上がったというイメージですが、どうなんでしょうねぇ? この車両は、2017年5月24日(水)~26日(金)にパシフィコ横浜(神奈川県)で開催となる「人とくるまのテクノロジー展2017」の旭化成ブースで一般公開となるので、実際に間近で見ることが可能です。

(XaCARレポーター・青山義明)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月12日 (金)

今週末は名阪スポーツランドで、ドリフトマッスル!

 昨年4年ぶりの開催となったドリフトマッスル名阪大会。今シーズンもドリフトマッスル第2戦として、5月13日・14日の2日間にわたって名阪スポーツランドで開催となります。

Dmrd2_013
 コースは、名阪スポーツランド・Cコースの最終コーナーから1-2コーナーまでを使ったものとなります。直線から右・右へと巻き込んでいき、その後左・左へと続くコースレイアウトとなります。ここは、走り慣れている地元関西勢と、走りこんでいない非関西勢との走りの違いがよくわかるコースとなっています。

Dmrd2_017
 このドリフトマッスル名阪大会の14日(日曜日)に、昨年同様、中村直樹さんが率いている「チーム紫」が、団体ドリフトエクストリームショーを今回も披露することが決定しています。これは一見の価値あり、です。

 LIFEGUARD The Drift Muscle 2017 Rd,2 名阪大会は、名阪スポーツランド(奈良県山辺郡山添村大字切幡1343-1)で開催となります。

 5月13日(土)は
マッスルクラス予選単走・決勝追走トーナメント
スーパーマッスル・チャレンジクラス スポーツ走行
マッスルチャレンジビギナークラス練習走行・決勝単走2本

 5月14日(日)は
スーパーマッスルクラス公式練習・公式予選・追走トーナメント
マッスルチャレンジエキスパートクラス練習走行・決勝単走2本
スーパーマッスルドライバーによるサイン会

 入場料は500円(駐車料は無料)となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月28日 (金)

輸入車の祭典af imp.スーパーカーニバル2017を東京・お台場で開催

 「af imp.スーパーカーニバル」は、全国からアウディ、フォルクスワーゲン、メルセデス・ベンツ、プジョー、ポルシェといった輸入車のスタイルアップカーが集結する輸入車の祭典です。しかも今回は毎年恒例の大阪・舞洲だけでなく、なんと東京・お台場でも開催します。

_d3a7932

 

 会場には多くのメーカー、ショップブースが軒を連ね、人気パーツや最新パーツ、デモカーなどを展示します。もしかしたらイベント価格で購入出来る可能性も…。

 

 他にはグッズ詰め合わせ福袋が当たる“ジャンケン大会”や豪華景品が貰える特別賞発表など、1日を通して楽しめるコンテンツを用意しています。さらにアンケートに答えてくれた方にはインプオリジナルステッカーをプレゼントいたします。
02

 

 入場無料のイベントで、【船の科学館/台場駅】からもすぐなので、買い物ついでにフラッと立ち寄るなんてこともできちゃいます。ただし周辺駐車場は有料です。
5月14日(日)には大阪(舞洲)の舞洲スポーツアイランド・空の広場(大阪市此花区)でも開催します。

 

【日時】
4月29日(土)10:00〜15:00
【場所】
東京(お台場)東京臨海副都心イベントスペースP区画(東京都江東区)
【イベント内容】
スタイルアップカーコンテスト カーニバルスペシャル
プロショップ&メーカー&インポーター・ブース&スペシャルデモカー
パーツ展示即売
ジャンケン大会

01

 

TEL. 06-6458-3188

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月27日 (木)

2017シーズンJEVRA第2戦、4月30日決勝!

 開幕戦から早1か月、ゴールデン・ウィーク前半の4月最後の日曜日に日本電気自動車レース協会(JEVRA)のシリーズ第2戦が開催となります。

 開催地は開幕戦と同じ茨城県にある筑波サーキット。今シーズン2度目の開催ということで、レース距離は開幕戦の50kmから5km増えて55km(筑波サーキットコース2000を27周)で争われることとなります。

Jevrard2midokoro01
 今シーズンから、レンジエクステンダー(EV-R)クラスが新設されています。ここで該当するのは、BMW i3 REX、そして日産ノートe-Powerです。同じPHEVでも、エンジン回転が駆動に関与するタイプのPHEVは出場できないので、トヨタ・プリウスPHVや三菱アウトランダーPHEVは出場できません。

 この新レギュレーションにより、開幕戦では、BMW i3 REXモデル2台が参戦しました。同時に参戦していたピュアEVのBMW i3とのガチバトルとなりました。結果REXモデルが勝利となっていますが、重量が重いREXと、エネルギー量が限られているピュアEVのバトルは、レース距離が延びると、どちらに有利に働くのか? 気になるところですが、今回はi3 REXの参戦は無し、ということなので、次戦以降に持ち越しです。その代わりといっては何ですが、このEV-Rクラスには、今回ノートe-POWERがシリーズ初参戦となります。このノートの走りはどのくらいのものなのか、要チェックですね。

Jevrard2midokoro02
 また、開幕戦で総合優勝を飾ったのは、テスラModel Sに乗る国沢光宏選手ですが、電装系トラブルで戦線を離脱したトヨタ86コンバートEVを駆る金沢秀好選手(#39 ウェルマー☆ビルズ☆FT86EV)が、再び打倒テスラでリベンジしてくることも確実。このトップ争いも注目です。

 30(日)のスケジュールは、予選が午前11時50分からの10分間。充電時間をはさみ、決勝レースは午後4時45分からとなります。入場料は無料です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月26日 (水)

本日発売CARトップ6月号はレクサスLC500に公道で速攻試乗

 4月26日はCARトップ6月号の発売日です。6月号の土屋圭市さん連載は、日産の電気自動車イッキ乗り。話題のプリウスPHVに、ライバルとなるアウトランダーPHEV、その他欧州勢をプラスしたPHVエコランテストも実施。スバルの7人乗りSUVアセントや、レクサスLS Fスポーツが登場したニューヨークショー特集も見逃せません!

 

Mp7_9482

 

 人気の付録小冊子は、本誌50周年記念・筑波フェスティバルを総特集。大注目を集めたスーパーカーバトルなど、イベントの内容を凝縮しています。
 そして注目を集めるレクサスの新型ラグジュアリークーペ・LC500に公道試乗! 国沢光宏さんが一般道から高速道路までインプレッションしています。さらに注目のもう一台、新型スバルXVも特設コースで速攻試乗! インプレッサとはまた違う、その走りはどうか? こちらは中谷明彦さんが試します。

 

_dsc8123

 

人気の1000kmツーリングは、人気のKカー4台をチョイス。ワゴンRスティングレーを中心に、Nワゴンカスタム/ムーヴカスタム/デイズハイウェイスターの走りを五味康隆さんがチェック。はたしてその評価はどうか? ぜひご覧ください。
[その他の内容]
●日産リーフなど注目のスクープ満載
●歴代シビックの魅力再考
●スーパーGT開幕戦リポート
●清水草一 デートカー大復古計画

 

20170426ct

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月19日 (水)

GLM、パリサロンでお披露目した次期車両を国内でお披露目

 京都にある電気自動車(EV)メーカーのGLMが、昨年9月のパリモーターショー(パリサロン2016)で発表したコンセプトモデルGLM G4を国内で初披露した。

Koma_glm
 
京都大学VBL(ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー)2006年に発足したEV開発プロジェクト「京都電気自動車プロジェクト」を母体に、設立されたGLMは、電気自動車の開発、販売を行うベンチャーとして、トミーカイラZZEVの量産を2015年の10月から国内の専用ファクトリーで開始している。

Glm_g400
 
そのGLMが今回お披露目したのが、GLM G4である。モーターを前後2基搭載した4輪駆動の4ドア4シーターのクーペスタイルモデル。日本初のEVスーパーカーとして2019年の量産を目指す、としている。システムの最高出力は400kW、最大トルクは1000Nmを発揮する。今回は、1充電での航続距離は約400km、最高速度は時速250km/h、0→100km/h加速は3.7秒というスペックを披露している。搭載する2個のモーターは「マルチ・サリエンシー・パワー・パッケージ」という走行シーンに合わせた制御と運動性能向上を図るとしている。また、多段トランスミッションを搭載し、左右駆動力配分も制御するとしている。

Glm_g402
 車両のコンセプトは「ロードヨット(路上を走るヨット)」。その特徴的な高く跳ね上がるタイプのドアも「アビームセイルドア」と名付けられている(アビームはヨットが風を受けて最もスピードが出せる状態のことを指す)。

Glm_g403
 その目指すところは「EVのフェラーリ」。既存の自動車メーカーが開拓していないEVによる「現代のラグジュアリーカーの新境地を拓く、新時代の『グランドツアリングカー』として開発を進めている」と小間裕康社長。

 想定価格は4000万円、国内外で1000台の販売を目指すとしている。2019年の量産化に向け、年内には試作車での走行テストを行う予定という。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«モータースポーツジャパンにブースを出展!!