« 電気トラックの可能性は? | トップページ | あっちゃんこと前田敦子さんが「カマッテ」を運転! »

2012年10月 9日 (火)

トミーカイラはやっぱりトミーカイラ?

 これまで何度か紹介してきたトミーカイラのEV計画。先日、赤坂サカスで行なわれた「cool KYOTO」展に出展していたトミーカイラEVの姿をキャッチ! グリーンロードモータースの小間裕康社長単独インタビューを敢行しました。

 京都大学のベンチャーとして誕生したグリーンロードモータース。この会社がトミーカイラのEVを製作するというニュースが流れてから、実に2年の月日が流れている。発表から実製作まで相当時間がかかっている、のではないか、と直接小間社長に話を伺ったのです。詳しくは本誌次号をご期待いただくとして、ここでは、トミーカイラEVの現状をお伝えしましょう!

 当初は、10年以上も前のモデルであることもあって、日本国内の法規を通すために、ちょこちょこと改良をすることで対応していくはずだった。ところが、ヘッドライトは洸量が足りない、ワイパーは拭き取り面積が足りず、という具合にやっているうちに、だったらイチからしっかり作り直したほうが、という話になった。で、結局当初の予定よりも1年近く時間がかかってしまった、ということです。

001_2

 今回展示されていたものは、以前XaCARが目撃したものとは異なるZZベースの試作車ですが、最終的な販売車両はさらに全く異なるデザインとなるそうです。ここでも「なんで?」となるのですが、実際の販売開始は来春になるうえに、納期はそこからさらに半年から1年後、ということを考えて、見飽きられるのを避ける策、だそうです。

 グリーンロードモータースのホームページに行けば、チラッとは見えますが、現在はまだ未公開。デザインスケッチを見る限りZZ-IIのイメージに近い。というのも、同じデザイナーを起用しているから。

 日産リーフと同じ24kWhのバッテリー容量に、ボディはバッテリー込みで800~900kgに収める予定。まさに軽量でスパルタン。走りのほうは、トミーカイラの特徴(?)ともいえる「やんちゃなクルマ」は健在のようです。

002_2

 また、元ソニー会長の出井伸之さんや元グリコ会長の江崎正道さん、ニチコン等がスポンサーとして名を連ねているのですが、そこに先日新たに加わったのが、元X JAPANのYOSHIKIさん。YOSHIKIさんといえば、3年前にSUPER GTの童夢チームのチームプロデューサーに就任する等、モータースポーツにも明るい方だが、今回、グリーンロードモータースにも出資をしたようです。

 小間社長は「YOSHIKIさんはEVに非常に興味を持っていらっしゃって、一緒に何かやりたいね、ということでプロジェクトが進行中です。11月には発表ができるので、乞うご期待、です」と近々何かの発表があることを示唆してくれた。発表が楽しみですね!(XaCARレポーター・青山義明)

|

« 電気トラックの可能性は? | トップページ | あっちゃんこと前田敦子さんが「カマッテ」を運転! »

これからは電気自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/47375749

この記事へのトラックバック一覧です: トミーカイラはやっぱりトミーカイラ?:

« 電気トラックの可能性は? | トップページ | あっちゃんこと前田敦子さんが「カマッテ」を運転! »