« 【日産リーフビッグマイナーチェンジ⑦】IT機能向上で!? | トップページ | 【日産リーフビッグマイナーチェンジ⑨】マイナーチェンジに合わせてさらに急速充電器追加? »

2012年11月21日 (水)

【日産リーフビッグマイナーチェンジ⑧】リーフは今が買いなの!?

 日産リーフのマイナーチェンジで価格も改定されました。これまでここで報告してきたとおり、ずいぶんと多くの改善点が盛り込まれ、パワーユニットは全面刷新していることも考えると、お買い得になった、と思います。

001

 Gグレード 旧価格406万0350円→新価格413万3850円
 Xグレード 旧価格376万4250円→新価格375万7950円
 Sグレード 334万9500円

 実際に購入する際は、2012年度のEV補助金(2012年度クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金のことで、エコカー補助金とは異なります)を適用することが可能です。「ライフケアビークル」シリーズも含め、マイナーチェンジ後の車両も補助金交付上限額は同額の78万円です。これを適用すれば、Gグレードは335万3850円、Xグレードで297万7950円、そしてSグレードなら、なんと256万9500円となります。

 しかし、この2012年度のEV補助金は、2013年2月28日までに車両登録をし、3月7日までに申請をする必要があります(予算枠を超える場合は締め切り前倒しになる可能性あり)。そこで、気になるのが来年度の補助金。現在のところ来年以降については未定です。特に政権交代の可能性など政治の問題も絡むので、2013年度の補助金はどこを基準に算定されるのか? 補助金額が上がるのか、下がるのは、現状維持なのか? そして、予算の規模もどの程度になるのか? 現時点ではまったくわかりません。

 三菱i-MiEVの場合、車両価格380万円(Gの場合)に対して補助金は96万円となっており、単純に価格だけで言うとi-MiEVのほうが割が良くなります(ベース車に対して、EVとした際の価格差を元に基礎額を決めているため、i-MiEVはiとの価格差が大きいことからこのようになります)。そのあたりの価格差を是正する可能性もあります。しかし逆に、エントリーグレードSをベースに補助金価格の算出をしたり、より多くのユーザーに還元するため、という名目で1台あたりの補助金削減も行なわれる可能性もないことはないでしょう。

 年度末に向かって、このEV補助金によっては売れ行きが変わってくる、なんてこともあるかも?(XaCARレポーター・青山義明)

|

« 【日産リーフビッグマイナーチェンジ⑦】IT機能向上で!? | トップページ | 【日産リーフビッグマイナーチェンジ⑨】マイナーチェンジに合わせてさらに急速充電器追加? »

XaCAR掲載記事」カテゴリの記事

これからは電気自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/47920753

この記事へのトラックバック一覧です: 【日産リーフビッグマイナーチェンジ⑧】リーフは今が買いなの!?:

« 【日産リーフビッグマイナーチェンジ⑦】IT機能向上で!? | トップページ | 【日産リーフビッグマイナーチェンジ⑨】マイナーチェンジに合わせてさらに急速充電器追加? »