« 【水素ステーション徹底解剖】水素計量器編 | トップページ | 【水素ステーション徹底解剖】高圧でキープ?編 »

2013年4月28日 (日)

【水素ステーション徹底解剖】運ばれてきた水素?編

001_2

 神奈川県・海老名にオープンした、国内初のガソリンスタンド併設型水素ステーション。その施設内部をご紹介していくシリーズ、第2弾です。

002_2

 敷地内の車両の整備スペースの脇に、トレーラーの荷台部分がどーんとあります。その後方では、配管でサービスステーション側に接続されています。ここはオフサイト型といわれるステーション(ほかの場所で製造した水素を貯蔵してFCVに充てんするタイプ)で、運ばれてきた水素はここで保管されるわけです。そのためステーションにきっちりと固定、据えつけられています。ガソリンなどは地下にある貯蔵タンクに移し替えるので、ちょっと違和感がありますね。

 この可搬型貯蔵タンク以外に、サービスステーション側にも昇圧した水素を貯めておく貯蔵タンクがあります。トレーラー側が空になれば、また別のトレーラーがやってきてこの空のトレーラーと交換していく、という仕組みです。

 このトレーラーは新型です。45MPaとこれまでよりも高圧です。それまでは35MPaのタンクだったそうです(普通のボンベは鉄のタンクを使用した19.6MPaタイプが主流)が、もっとたくさんの水素を積載したいというニーズに合わせて、進化したようです。

 水素タンクは300Lタイプを24本搭載しています。ちなみにタンクはCFRP、いわゆるカーボンを使用して軽量化しています。じゃぁ、もっと高圧にして水素を運べばいいんじゃないか? と思うかもしれませんが、単純に圧力を倍にしたら体積は半分になるかというと、そうでもなくて、もっと強固なタンクが必要に。積載効率とコストなどを考えると、このあたりに落ち着くのだそうです。

003_2

 トレーラーのルーフ部は、運搬中の日差しで温度上昇することを防ぐように、断熱材を組み込んだ天井となっており、ステーションに据えつけられると、今度はルーフを開けるようになります。トレーラーが収納されている建屋の天井も空いています。水素が漏れてもスッと大気に放出されていくわけです。ちなみにトレーラーには、バイクなどでおなじみの「Kawasaki」のロゴマークがあります。あのバイクを作っている川崎重工製なんです。(XaCARレポーター・青山義明)

|

« 【水素ステーション徹底解剖】水素計量器編 | トップページ | 【水素ステーション徹底解剖】高圧でキープ?編 »

これからは電気自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/51386046

この記事へのトラックバック一覧です: 【水素ステーション徹底解剖】運ばれてきた水素?編:

« 【水素ステーション徹底解剖】水素計量器編 | トップページ | 【水素ステーション徹底解剖】高圧でキープ?編 »