« 電気自動車コムスのセブン イレブン号を発見 | トップページ | 【水素ステーション徹底解剖】運ばれてきた水素?編 »

2013年4月27日 (土)

【水素ステーション徹底解剖】水素計量器編

001

 国内初のガソリンスタンド併設型水素ステーションがオープンしましたが、今回はその施設内部をご紹介していきたいと思います。

 まず、最も目につくのが水素を燃料電池車に充てんをする計量器です。充てんするノズルが備えられているところのことです。ディスペンサーとも呼びますね。この水素の計量器は、ガソリンの計量器でもよく見かける、タツノ(国内シェアトップ、世界3大ガソリン計量器メーカーの一つ)のものです。

002

 表示部分を覗いてみると、流量・充てん量・温度の表示がなされています。これはまだ暫定的な表示。商用としてスタートしていないですからね。最終的には、支払い金額、充てん量、水素単価が表示されるように切り替えられるのだとか。

003

 実はこのアイランド(一段高くなった部分をアイランドと呼ぶそうです)に設置するため、非常にコンパクトな設計となっているそうです。手前側に横長に置かれているのがプレクール(水素充てんの際に摩擦熱が発生するため、事前にマイナス33度以下に下げておきます)のユニットです。ここまでコンパクトになっていれば、既存のスタンドでも違和感なく充てんができそうな感じですね。(XaCARレポーター・青山義明)

|

« 電気自動車コムスのセブン イレブン号を発見 | トップページ | 【水素ステーション徹底解剖】運ばれてきた水素?編 »

これからは電気自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/51386003

この記事へのトラックバック一覧です: 【水素ステーション徹底解剖】水素計量器編:

« 電気自動車コムスのセブン イレブン号を発見 | トップページ | 【水素ステーション徹底解剖】運ばれてきた水素?編 »