« パイクスEVクラスチャンピオンは? | トップページ | Rena(レナ)X3詳細チェック! »

2013年5月27日 (月)

EVレーサーあるところ、このトラックあり?

 先日、スパ西浦モーターパークで、三菱MiEV Evolution IIが国内最終テストを行ないました。6月30日の2013パイクスピークインターナショナルヒルクライム決勝に向け、マシン調整に力を入れていました。

001

 ピットには、三菱の関係者、そしてダンロップ担当者などが集まります。が、一部、このピリッとした雰囲気に呑まれるようにテスト風景を見ていた人たちがいます。それが、モビリティープラスおよび菊水電子工業のスタッフです。

 モビリティープラスの「Q電丸」は、日野のデュトロトラックをベースに、エアコンプレッサー、タイヤチェンジャー、ホイールバランサーなどのタイヤ交換作業のできる機械とともに、菊水電子工業の急速充電器を搭載した、EV用移動急速充電車です。

002

 この日も、午前と午後の走行のインターバルを利用して、充電を行ないました。Q電丸は、こういった場所での充電に引っ張りダコです。その活躍はうれしい限りですが、できれば各サーキットで急速充電器の設置が進むといいんですけどね。(XaCARレポーター・青山義明)

|

« パイクスEVクラスチャンピオンは? | トップページ | Rena(レナ)X3詳細チェック! »

これからは電気自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/51793853

この記事へのトラックバック一覧です: EVレーサーあるところ、このトラックあり?:

« パイクスEVクラスチャンピオンは? | トップページ | Rena(レナ)X3詳細チェック! »