« 【パイクスピーク2013】横浜ゴムのガレージ? 訪問! | トップページ | 【パイクスピーク2013】ちょっと新しくなったパイクスピーク! »

2013年7月 5日 (金)

あのDTECが86レースにワークス参戦!?

 編集部でも度々お世話になっているマスターワンから「86レース参戦の発表会を行ないます」との一報を受け、さっそく会場となった横浜駅近くにある「AREA 86」を訪ねてみた。トヨタ86&スバルBRZによる注目のナンバー付きワンメイクレースは7月13~14日、富士スピードウエイから開幕。かなりギリギリのタイミングでの発表だ。神奈川トヨタによるディーラーワークス体制で、全戦にエントリーし優勝を目指すという。この「神奈川トヨタDTEC TEAM MASTERONE」のワークスドライバーに抜擢されたのは、坂本祐也選手だ。
 
 ウワサによるとこのシリーズ初戦には80台以上! がエントリーしており、ほぼ2台に1台が予選落ちしてしまうという(コンソレーションレースの設定もあるようだけど)。さらに単なるナンバー付きワンメイクレースとは思えない、豪華なプロドライバーが多数出場する、というから坂本選手のプレッシャーも相当大きいはずだ。ただ、坂本選手はこの手のレースでも十分真価を発揮できるキャリア十分。全日本タイトルのかかったスーパーGTレースの経験も豊富だし、なによりマシンの差がつきにくいワンメイクレースでの戦歴がスゴイ。ニュービートルカップやゴルフGTIカップ、カレラジャパンカップなどの戦歴は「全戦ポールポジション獲得」とか「全戦ポールトウウイン」といったパーフェクトな結果がほとんど。
「気になることはたくさんありますが、天候に合わせてどのタイヤを選ぶかが大きなキーポイントになりそうです。有名ドライバーたちが気になるかって? 彼らだけじゃない。さまざまなワンメイクレースの猛者も参戦すると聞いています。でもどっちにも負けませんよ(笑)。全力で頑張ります。こんなすばらしい体制を用意してくれたチームの期待に応えるためにも」と坂本選手はしっかりと答えてくれた。
 神奈川トヨタグループにあって、トヨタ専門のカスタマイズショップとして実績のある「マスターワン」。そして同社がリリースしているオリジナルパーツのブランド「DTEC(ディーテック)。これらの開発ノウハウやチューニング展開をどう生かし、そして86のレースを通じてどう進化していくのか。7月と8月は月2回ペースで開催される「GAZOO Racing86/BRZ Race 2013」。レース界久々の超激戦&ハイレベルなレースになりそうなだけに、86やBRZファンでなくても楽しみなイベントだ。そしてディーラーワークスという同チームの戦いぶりも注目してください。(XaCAR編集部)
Dsc001
横浜市にある神奈川トヨタ自動車本社ビル2Fにある「AREA 86」が発表会場。DTECのロゴをメインにしたワークスボディがドライバーとともに初めてお披露目された。登録ナンバーももちろん「86」。サーキットではゼッケン「76」に注目です!
Dsc002
これまでスーパーGTのGT300ガヤルドなどでキャリアを積んできた坂本祐也選手。今年はこのワークス・チームで86レースにフル参戦。活躍を期待しています!
Dsc003
ピッカピカのワークスマシンの前でひょうきんなポーズをとってくれた額田信明さん。DTECの産みの親にしてマスターワンの責任者だ。今シーズンは、チームのテクニカル・ディレクターとして坂本選手を支える。

|

« 【パイクスピーク2013】横浜ゴムのガレージ? 訪問! | トップページ | 【パイクスピーク2013】ちょっと新しくなったパイクスピーク! »

86&BRZファンクラブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/52324808

この記事へのトラックバック一覧です: あのDTECが86レースにワークス参戦!?:

« 【パイクスピーク2013】横浜ゴムのガレージ? 訪問! | トップページ | 【パイクスピーク2013】ちょっと新しくなったパイクスピーク! »