« リーフでサーキット走行をする、ということ | トップページ | XaCAR86ミニカー先行発売、間もなくですよ! »

2013年7月25日 (木)

■スイフトスポーツ No.002■旧型のほうがいい?? スイフトスポーツ!

 スイフトスポーツが新型になって、1年以上が経っている。スイフト自体がそうだが、旧型との外観の差がすごく小さいので、新型が増殖している感触が少ない。一部のマニアックなファンの中には「旧型のほうが良かった」という声がある。新型へあえて乗り換えない、という選択をしている人もいるらしい。

Im0000001494
 今回は新型の進化について、考えてみたい。おそらく乗り換えた瞬間にわかるのは、エンジンのフィーリングが大幅に向上していることだ。旧型では低回転域のトルクが小さく、高回転域の伸びも悪い。5500rpmから上は有効なパワーはないし、音も苦しくなってしまう。エンジンの型式名はM16Aで変わらないものの、新型は1500rpmも十分に使えるし、7000rpmまでキッチリと伸びてくれる。

 この差はスズキのエンジニアの努力もあるのだろうが、基本的には吸気ポートの設計が大幅に変更されたことが大きい。そしてインジェクションシステムがボッシュになったことも、影響が大きいはず。だから基本的なポテンシャルが全く違う。

 個人的には、このエンジンの差だけで買い換える価値は十分にあると思っている。6速MTを含めて、パワートレインの魅力は大きく高まっている。
 ただ旧型を信望するマニアックな声は、ハンドリングにあるようだ。スイフトは旧型でスタビリティを最小限に抑えて、アンダーステアの出にくいハンドリングを実現した。それはマニアックな人には高い評価があったのだが、ヨーロッパでは厳しかったようだ。

 とくにハイパワーで高性能タイヤを履いたスイスポは「簡単にスピンするクルマ」という評価になってしまった。それでマイナーチェンジでスタビリティを向上させた上で、VSCを標準装備するなど、対策が施された。よりハイパワーで高性能タイヤを履いた新型では、さらにスタビリティを高めた。それは順当なチューニングだが、下手な運転をするとアンダーステアが出やすいということになる。それを気にして「旧型のほうが良かった」ということになるのだと思う。(次回に続く)

|

« リーフでサーキット走行をする、ということ | トップページ | XaCAR86ミニカー先行発売、間もなくですよ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/52584215

この記事へのトラックバック一覧です: ■スイフトスポーツ No.002■旧型のほうがいい?? スイフトスポーツ!:

« リーフでサーキット走行をする、ということ | トップページ | XaCAR86ミニカー先行発売、間もなくですよ! »