« あれ? 今までなかった? ケーブル巻き取り式充電スタンド! | トップページ | ■スイフトスポーツ No.003■ 新型の良さをより深く味わうために »

2013年7月31日 (水)

モンタジ、パイクス優勝報告会開催!

Ppihc
 アメリカ・コロラド州で行われた2013パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムでの、モンスター田嶋こと田嶋伸博選手とTEAM APEV with モンスタースポーツのEVクラス優勝を祝した優勝報告会が都内のホテルで行なわれました。

Hall
 会場には、APEV(電気自動車普及協議会)のメンバーが大勢詰めかけ、非常に和やかな雰囲気の中、EVの魅力や、パイクスのレース参戦時の様子などの報告がなされました。

Tajima
 もちろん、2014年の挑戦に向けて、このプロジェクトを支援する協力会社へのお願いもしっかりありました。

 さて、そんな話を聞いてしまうと、来年のことが頭をよぎります。早速いろいろと聞いてみましたが、まだ話せることは何もない、という感じでした。たしかにそうですね。ただ、だからといって「はい、そうですか」と引き下がるわけにもいかないので、一つだけ答えてもらいました。

 その質問が「来年のターゲットタイムは?」です。

 今年、プジョー208T16パイクスピークとセバスチャン・ローブ選手が出したコースレコード8分13秒878を目指すのか(目指せるのか)? 気になるところです。

Trophy
 その質問に対しての答えは、「ターゲットタイムは9分切りを目指します」というものでした。

 今年は天候も悪い中で9分46秒530の記録でした。ドライなら9分30秒は行けたということです。つまり、今年よりもさらに30秒のタイムアップを目指すわけです。これは容易なことではありませんね。

 そういうことはわかってはいるんですが、『コースレコード更新』を望んでしまうことも確かです。更新は難しいですか? という質問については「あのタイムは相当厳しいタイムです。今日の時点では…」という答えでした。

 EVの進化を見れば、現時点では『無理』なタイムも数年後には軽く塗り替えられるかもしれません。EVの技術進化を期待したいですね。(XaCARレポーター・青山義明)

|

« あれ? 今までなかった? ケーブル巻き取り式充電スタンド! | トップページ | ■スイフトスポーツ No.003■ 新型の良さをより深く味わうために »

これからは電気自動車」カテゴリの記事

パイクス&EVレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/52674680

この記事へのトラックバック一覧です: モンタジ、パイクス優勝報告会開催!:

« あれ? 今までなかった? ケーブル巻き取り式充電スタンド! | トップページ | ■スイフトスポーツ No.003■ 新型の良さをより深く味わうために »