« ミシマ号復刻! って、ミシマ号ってなに? | トップページ | ■スイフトスポーツ No.004■スイフトに強烈なライバルが登場する! »

2013年8月 7日 (水)

NTNのEV、ナンバーを取得し公道での実証実験スタート

 新東名高速の走り初めなどに参加していたNTNの超小型2人乗りEVがこのたび軽自動車登録でナンバーを取得し、8月1日の「富士山EVフェスタ」に参加しました。

Ntn001
 NTNといえば、ハブベアリングで世界トップシェアのベアリング(軸受け)専業メーカー。ベアリングの研究・開発で培った技術を活かし、インホイールモーターシステムの開発を進めている会社です。

Ntn005
 2011年10月から1年強にわたり、モーターをホイール側に装着するインホイールモータシステムを搭載した車両(シビックをベースとしたコンバートEV)と、モーターを車両側に装着したオンボード駆動システムを搭載した車両(ワゴンRをベースにしたコンバートEV)2台を、磐田市の公用車として実証実験を行なっていました。

 つい先日もフランス・アヌシー市での欧州電動マイクロカーの公式規格を取得した超小型EV「TOO'in」で公道実証事業をスタートさせています。

Ntn002
 今回軽自動車登録された超小型モビリティサイズは全長2780×全幅1400×全高1500mm。クルマへの乗り込みは、前ヒンジのフロントカウルを起して行ないます。

Ntn003_2
 車両重量は480㎏、乗車定員は2名。最高時速70㎞/h、一充電での走行距離は50㎞です。(XaCARレポーター・青山義明)

|

« ミシマ号復刻! って、ミシマ号ってなに? | トップページ | ■スイフトスポーツ No.004■スイフトに強烈なライバルが登場する! »

これからは電気自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/52729274

この記事へのトラックバック一覧です: NTNのEV、ナンバーを取得し公道での実証実験スタート:

« ミシマ号復刻! って、ミシマ号ってなに? | トップページ | ■スイフトスポーツ No.004■スイフトに強烈なライバルが登場する! »