« ■スイフトスポーツ No.005■暑い夏! その対策はあるのか? | トップページ | ザッカー86&BRZマガジン動画 86専用タイヤをテスト!! »

2013年8月29日 (木)

負けるもんか、ホンダの新型フィットと負けるもんか、ホンダ新型フィットの本

 新しいザッカ―「XaCAR 86&BRZ マガジン」の校了日が迫る中、つき昨日、新しい体
制になったザッカ―編集部から初めての別冊がもうすぐ発売になります。その名もずばり
『ホンダ新型フィット』です。36・4km/Lというハイブリッドカーナンバー1の超低燃費
と、ホンダらしい走りそして革新パッケージに磨きをかけた3代目フィットの新車速報本です。
Fit_hyoshi_1
速報本といえば「○○のす○て」というメジャー誌がありますが、それと同じような
本を出しても面白みに欠けます。そこで我々は「どうしたらいいか?」とアタマをひねり
考えました。とはいっても速報本の作り方はさまざまな制約が多い。どの出版社もメーカ
ー側が用意してくれた発表前の事前取材会やネタをベースに編集するしかありません。速
報、というだけあってなかなか独自性を出しにくい。そんななか出した結論というかテ
ーマが「マニアック&レトロ」というキーワードでした。まずはマニアックに、という
のはこれまでのザッカ―と同様に、テーマに対してその裏側にあるドラマをも引き出した
い、ということ。ホンダらしい革新技術の数々をそれぞれ深く考察したり、開発者の苦労
とそれを乗り越える情熱を読者にわかりやすく伝えたいと考えました。今回のフィットは
ホンダ渾身の新車といっても過言ではないほどのテクノロジーや工夫、そして目標達成や
実現へのドラマが多数ありました。フィットファンならずとも今回のホンダ技術には注目
ですよ。
あのシビックRSやブルドッグのネタも満載!
 一方のレトロ企画にもこだわりました。今回の新型フィットは究極のエコモデルのエ
ンジンシステムをわざわざ「スポーツハイブリッド」とネーミングしたり、また「RS」
というホットモデルも設定されています。そこで編集部ではこのRSの源流となった初代
シビック1200RSを筆頭に、シティやシティ・ブルドックといった70~80年代にかけて
トピックとなったホンダ歴代の主流コンパクトカーを独自に取材。過去のCARトップの
誌面やお宝カタログなどとともに展開し、懐かしさあふれる誌面としました。
  新型フィットはネンピも、走りも、デザイン&パッケージもどれをとっても「世界イ
チ!」を目指しデビューするホンダ渾身の最新コンパクトカー。ということでフィットに
興味あるみなさん、新車の魅力や開発の裏事情はもちろん、かつて輝いていた歴代のホン
ダホットモデルとともに是非、今回の別冊を楽しんでください!  きっと彼らの本とは
違う魅力を持った別冊だと気づいてもらえるはずです9月6日発売のCARTOPMOOKニ

ューカー速報プラスシリーズ第3弾「ホンダ新型フィット」を是非ご覧くださいっ。

|

« ■スイフトスポーツ No.005■暑い夏! その対策はあるのか? | トップページ | ザッカー86&BRZマガジン動画 86専用タイヤをテスト!! »

ハイブリッドカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/53073407

この記事へのトラックバック一覧です: 負けるもんか、ホンダの新型フィットと負けるもんか、ホンダ新型フィットの本:

« ■スイフトスポーツ No.005■暑い夏! その対策はあるのか? | トップページ | ザッカー86&BRZマガジン動画 86専用タイヤをテスト!! »