« 今年もやってきた86の日 | トップページ | ミシマ号復刻! って、ミシマ号ってなに? »

2013年8月 5日 (月)

初お披露目されたモンタジの超小型モビリティ!!

 8月1日に富士山スカイラインで開催された「富士山EVフェスタ」。多くのEVを集めていました。中には、今回初披露の1台がありました。

 それが、「超小型モビリティ2013」です。

Tajimasm2013_001
 実はこの日の前日にようやく出来上がったということです。「まだまだ仕上がっていない部分が多いので、掲載は勘弁して」という担当者様に、そこを何とかということで、いろいろ撮影させていただきました。

Tajimasm2013_002
 車両サイズは、2780×1480×1700mmと、車幅は軽自動車と同じで前後が少し短いサイズです。

Tajimasm2013_003
 乗り込みに関しては大きな開口のため不自由なく行なえそうですが、逆に開放感があり主義て運転中は少し怖いと感じることもあるかもしれませんね。トヨタ車体のコムスや日産のニュー・モビリティ・コンセプトのようにドアを付けることも検討中とのことです。

Tajimasm2013_004
 シートレイアウトは、運転席をセンターに、そしてその後ろ側に2座を設けています。これは、ガイドラインに大人2名もしくは大人1名+子ども2名という基準に合わせるというものです。リアシートは大人2名が座れるほどのサイズとなっていますが、チャイルドシートを2つ装着することを考えればこのサイズになるということですね。

 モーターはフロントに設置し、フロア部にバッテリーを搭載。現在は5kWhほどのバッテリーを搭載しています。モーター、バッテリー含め、このあたりのスペックについては、まだまだこれから詰めていくということですね。

Tajimasm2013_005
 ダッシュボードは、ステアリング右側に操作系がシンプルにまとめられているのですが、これも暫定的な処理ということで、最終的には左側に用意されているスペースを使って、さまざまな機能を持たせたタッチパネルをインストールするようです。

 数多くのEVを手掛けるタジマモーターコーポレーションの最新車両、これからどう進化していくのかも含め、追いかけていきたいと思います。(XaCARレポーター・青山義明)

|

« 今年もやってきた86の日 | トップページ | ミシマ号復刻! って、ミシマ号ってなに? »

これからは電気自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/52711865

この記事へのトラックバック一覧です: 初お披露目されたモンタジの超小型モビリティ!!:

« 今年もやってきた86の日 | トップページ | ミシマ号復刻! って、ミシマ号ってなに? »