« VWの1リッターカーXL1にLAで乗ってみた | トップページ | 韓国GMの作る電気自動車、シボレー・スパークEV »

2013年12月 9日 (月)

塚本奈々美、ERKレース優勝で今季有終の美を飾る

 フェスティカサーキット瑞浪(岐阜県瑞浪市)で12月1日、エキシビジョンレース「ERKからのレンタルカート50分耐久」が開催されました。今季すでにERKカップジャパンシリーズチャンピオンを獲得しているエナーシスfeat.女子カート部(塚本奈々美、武村奈々花)が優勝、充実した14年のレースを締めくくりました。

 栃木のフェスティカサーキットで開催されているシリーズ戦に加え、始めて東海地方で開催されたこのエキシビジョン大会。シリーズ戦にも参戦している3チームに加え、中部地区から2チーム、関東から復活参戦の1チームの、合計6チーム(ドライバーは20名以上)が参加しました。

 そのうちの中日本自動車短期大学(NAC)チームは、私塚本奈々美が受け持つ同短大ERK講座にて製作されたマシンで出場。このサーキットに近いという地の利を活かして、事前にテスト走行も実施。見事決勝で3位となり、私も我がことにように嬉しくなりました。

02

中日本自動車短大チームと女子カート部の塚本奈々美、武村奈々花

 レースはシリーズ戦でも実施した事のない、25分のERK走行から残り25分をレンタルカートに乗り換える、合計50分耐久レースでしたが、女子カート部は前半のERKでドライバー交代義務回数を消化し、レンタルカートは塚本奈々美が一人で乗り切る作戦で、逆転優勝となりました。

01_2

優勝 #1 エナーシスFeat.女子カート部
2位 #12 ZEVEX Racing Team
3位 #3 中日本自動車短期大学(NAC)


 塚本奈々美は今季<KYOSHO JKB86>チームとしてGAZOO86/BRZレースの6戦に出場し、スーパーGTトップドライバーらも参加する中、4回の決勝進出を果たすことが出来ました。その締めくくりとして、11月24日のJAFグランプリ・フジスプリントカップで行なわれたレジェンドカップに、LEXUS TEAM PETRONAS TOM'Sの関谷正徳監督と組んで出場。

03

関谷正徳さんとチーム紹介を受ける塚本奈々美

 豪華なレジェンドたち、高橋国光さん、星野一義さん、中嶋悟さん、鈴木亜久里さん、片山右京さん、近藤正彦さん、舘信秀さん、土屋圭市さん、そして中嶋一貴選手、星野一樹選手、山野哲也選手、谷口信輝選手ら現役スーパーGTドライバーたちとレースし、23台中10位でゴールしました。(塚本奈々美 http://nana-jkb.com/

|

« VWの1リッターカーXL1にLAで乗ってみた | トップページ | 韓国GMの作る電気自動車、シボレー・スパークEV »

パイクス&EVレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/54195012

この記事へのトラックバック一覧です: 塚本奈々美、ERKレース優勝で今季有終の美を飾る:

« VWの1リッターカーXL1にLAで乗ってみた | トップページ | 韓国GMの作る電気自動車、シボレー・スパークEV »