« ホンダがEV用普通充電器を発表! | トップページ | 日産エクストレイル本・大好評発売特別企画『カレンダープレゼント』 »

2014年1月21日 (火)

Q電丸の弟分? Q太郎を紹介しましょう!

001
 急速充電器を積んだローダー「Q太郎」です! オートモーティブワールド2014(東京ビッグサイト/1月14日~17日開催)で出展されていました。すでに昨年10月の東京トラックショーで、世界初公開(?)はされてましたが、こちらでも紹介しましょう。

 このクルマ、全日本EVレース(JEVRA)シリーズでもおなじみとなっている、電気自動車用移動急速充電車Q電丸(急速充電器を搭載したタイヤサービストラック)の弟分といったところです。

002                     こちらはすでにおなじみ「Q電丸」

 兄貴分である「Q電丸」は、大容量ジェネレーター(発電機)とリチウムイオンバッテリー(12kWh)を搭載し、さらに荷台に急速充電器を積み込んだトラックです。JEVRAシリーズはもちろん、国沢光宏さん出場の全日本ラリー選手権でのサービスパークへ出張し、充電とタイヤサービス、さらにはサービスの様々な電源車にも、と大活躍しました。

003                  10月に行なわれた新城ラリーでのQ電丸のサポートシーン

 この車両を製作したモビリティープラスでは、これまでのモービル・タイヤ・サービス(物流企業へ出張してのタイヤ交換サービス)を発展させた、モービル・トラック・サービスの一つとして提案してきたQ電丸の発展型として、今回ローダー車に急速充電器を載せた車両を製作したということです。

004
 エンジン部に大型ジェネレーターを取り付けた、日野デュトロハイブリッドの車載ローダー車がベース。さすがにQ電丸のように、荷台上のスペースを使うことができないということで、急速充電器は横に寝かせた形の横置きタイプで、全長900ミリという非常にコンパクトな急速充電器を菊水電子工業と開発。それをトラックの右床下に設置しています。さらにリチウムイオンバッテリーもQ電丸同様12kWh搭載(ハイブリッド用のニッケル水素バッテリーは搭載したまま!?)。それで重量は相当重いようですが、2トン超えの車両でも積載が可能ということです。

005
 トラックのエンジンを停止したままでも急速充電が可能であるだけでなく、走行中でも充電が可能。もちろん移動用電源としても使えるようにAC200V、AC100Vの出力にも対応しています。

 実際に、神戸に本拠を置くロードサービスの「あかつき」で、これから試験運用をしていくようです。「あかつき」は、第二神明道路、阪神高速道路、神戸地区路線、神戸淡路鳴門自動車道およびその周辺の一般道路で発生する、事故や故障車輛の救援業務を請け負うレッカー事業者です。実際の出動現場を見てみたいですねぇ、電欠しに行ってみます? 編集長!(XaCARレポーター・青山義明)

|

« ホンダがEV用普通充電器を発表! | トップページ | 日産エクストレイル本・大好評発売特別企画『カレンダープレゼント』 »

これからは電気自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/54689335

この記事へのトラックバック一覧です: Q電丸の弟分? Q太郎を紹介しましょう!:

« ホンダがEV用普通充電器を発表! | トップページ | 日産エクストレイル本・大好評発売特別企画『カレンダープレゼント』 »