« 多彩な味の「吸う嗅ぎタバコ」を楽しむ! | トップページ | 2月14日~16日開催・大阪オートメッセのお楽しみは? »

2014年2月10日 (月)

テスラ、モデルSの中国での価格発表! 日本は?

001
 1月のデトロイトショーでは、間もなくモデルSの日本国内発売もスタートする、テスラ モーターズのプレスカンファレンスも見学してみました。どこのブースも多くのメディア関係者が詰めかけましたが、ここはイスも用意していないくらいの小さなブースなのでさらに大変な騒ぎになっていました。

002
 このプレスカンファレンスに登壇したのは、グローバルのセールスとサービスを統括するジェローム・ギレン副社長です。まず、同社の売り上げが好調であることが発表されました。その理由は、モデルSの安全性であるということです。アメリカ運輸省道路交通安全局(NHTSA)で5つ星の評価を得ていることを例に挙げて、今まで一人の死亡者も重傷者も出したことのない唯一の自動車メーカーであることを伝えています。これはモデルSの前に製造していたテスラ ロードスターを含む6年間で、31ヵ国、走行距離約2億マイルの総走行の結果です。ちなみにNHTSAの2013&2014安全性テストで、モデルSは、ロールオーバー、サイドクラッシュ、フロンタルクラッシュのいずれでも5つ星を獲得しています。

 そして現在、アメリカよりも重要なモデルSの販売国となっているノルウェーについても触れ、北極圏にまたがる彼の地のような寒冷地において、パワートレインの高等制御と、高性能なトラクションコントロールによって快適なドライブが可能であると胸を張っていました。

003 004
 アメリカと西海岸と東海岸行き来するドライブが可能になるように120kWのスーパーチャージャーの米国内でのネットワークを構築しており、ヨーロッパでのロードマップも示されました。スーパーチャージャーは、約20分でバッテリーの半分を充電できるテスラオリジナルの急速充電器です。昨年5月に全米展開の発表がなされていましたが、現在では、全米で71ヵ所の太陽光発電を備えたスーパーチャージャー・ステーションが存在しています。このステーションはさらに設置を進めていく予定で、2015年までには全米でスーパーチャージャーを利用して行ける地域は98%に達成するということです。

005
 さて、1月22日、なんと中国でのモデルSの価格が発表されました。73万4000元です。ちなみにモデルSのアメリカでの価格は8万1070ドル。これに輸送費および手数料が3600ドル、そして1万9000ドルの関税、さらに1万7700ドルのVAT(付加価値税)という内訳です(為替レート1ドル=6.05元で計算)。当初の予想では90万元近いと言われていたわけで、テスラはギリギリの価格設定であると言っています。

 そんな話を聞いてしまうと、気になるのが日本での価格発表、ですね。日本でもそんなギリギリの価格で販売してもらえるのでしょうかねぇ?(XaCARレポーター・青山義明)

|

« 多彩な味の「吸う嗅ぎタバコ」を楽しむ! | トップページ | 2月14日~16日開催・大阪オートメッセのお楽しみは? »

これからは電気自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/54941108

この記事へのトラックバック一覧です: テスラ、モデルSの中国での価格発表! 日本は?:

« 多彩な味の「吸う嗅ぎタバコ」を楽しむ! | トップページ | 2月14日~16日開催・大阪オートメッセのお楽しみは? »