« SIM-Drive先行開発第4号車の変わっている点!? | トップページ | 新型キャデラックCTS登場 »

2014年4月14日 (月)

全日本EVレースシリーズ、2014年開幕

 JEVRAシリーズが開幕しました。4月13日(日)千葉県・袖ヶ浦フォレストレースウェイで全日本電気自動車グランプリ第1戦袖ヶ浦50㎞レースで開催されました。今回は、参加台数9台と台数は少ないのですが、新しいエントラントが4台。初参戦ドライバー6名参加というフレッシュな顔ぶれとなりました。

000
 これまでの市販車クラスでは、モーター出力を50Kwと100Kwで区分けしてクラス分けをしていましたが、今シーズンは今61Kw、111Kw、161Kwで区切りました。これまでEV-2クラス(50Kw以上100Kw未満)であった日産リーフはEV-3クラス(モーター最大出力61Kw以上111Kw未満)に変更、同じく三菱i-MiEVはEV-4クラスへの参戦です。

001
 テスラロードスターの出場がない今回のレース、その予選セッションでは、昨年のEV-2クラスチャンピオン金井亮忠選手(#72 チームNATS・日本自動車大学校リーフ)が1分24秒484というリーフの予選最速タイム(2013年第2戦予選の猪爪俊之選手が出した1分24秒281)にコンマ2秒及ばず、ではあったが、「クルマは昨年12月の最終戦のまま、なにもしていません」と金井選手だが、シーズン初めから好調の様子。

 続く2番手はレーサー鹿島選手(#88 東洋電産 LEAF)。ラジオパーソナリティでレーシングドライバー&マルチプロデューサーの鹿島選手も、2012年シーズンからこのシリーズへの参戦をしているベテランだ。それに続くのは、竹田雅浩選手(3番手 予選タイム1分32秒377)、菊池隆夫選手(4番手 予選タイム1分34秒312)、大野博美選手(5番手 予選タイム1分38秒163)、山崎宏文選手(7番手 予選タイム1分43秒546)といったEVレース初出場のリーフオーナーがこれに続きます。

003
 午後3時30分にスタートしたレースは、フロント・ロウに並んだレーサー鹿島選手が1コーナーに勢いよく飛び込んで、レースを引っ張ります。しかしわずか数周で金井選手が『これをパス。トップに出た金井選手は、電力セーブのためペースを落とし、一時トップ5台のリーフが団子状態になる場面もありましたが、後半に金井選手がスパートをかけるとこれについていったのは鹿島選手のみで、あとは引き離され、最後は鹿島選手も引き離されて金井選手の貫録の勝利となりました。2番手に入った鹿島選手はレース後「レース用のマシンとして仕立てられたNATSリーフと普段は社用車として利用されているリーフで勝負したわりにはだいぶいいところを走れたのではないかと思っています。次戦も頑張ります!」とコメントしてくれた。

005
 3番手には、序盤5番手を走行していた菊池選手。1台リタイヤがあり、4番手を走行して最終ラップへ。後半に金井選手にラップダウンされたことで、走行周回が20周でよくなったため、残った電気をフルに使い切り、3番手を走行していた竹田選手をパスして見事表彰台にあがりました。「まさか、自分が表彰台に上がるとは!?」という菊池選手は初レース初表彰台獲得となりました。

006
 今回2台のコンバートEVが出場しました。新年度ということで、森田佳祐選手(#86 千葉県自動車大学校CATS EV86)と鵜飼拓哉選手(#5 千葉県自動車総合大学校エナジーCATSi)の新しいドライバー2名が参戦となりました。今回は、ペースを抑えながら走行していた86レビンと111レビンが常にテール・トゥ・ノーズ状態。しかし、この新旧のレビンコンバートEVの対決は、コースアウト&接触という残念な結末となってしまいました。次は真っ向勝負で頑張ってもらいたい! のですが、86レビンのパーツがない、ということで担当の先生は頭を抱えておりました。

007
 JEVRAシリーズ第2戦は、5月25日(日)、つくばサーキットで開催となります。(XaCARレポーター・青山義明)


【RESULT】
総合順位    クラス順    ドライバー    車番車名    周回    所要時間    トップ差    ベストタイム
1    EV-3_1    金井亮忠    #72チームNATS・日本自動車大学校リーフ    21    33'10.403        1'26.488
2    EV-3_2    レーサー鹿島    #88東洋電産LEAF    21    33'11.869    1.466    1'26.646
3    EV-3_3    菊池隆夫    #29キクリーフ    20    34'00.208    1 Lap    1'35.759
4    EV-3_4    竹田雅浩    #10日産リーフ    20    34'00.681    1 Lap    1'36.016
5    EV-3_5    山崎宏文    #11NISSAN LEAF(ノーマル仕様)    19    33'17.428    2 Laps    1'39.814
6    EV-4_1    藤田広一    #19京浜蓄電池・EVT・ETJ/i-MiEV    19    33'30.630    2 Laps    1'39.314
7    EV-C_1    鵜飼拓哉    #5千葉県自動車総合大学校エナジーCATSi    16    33'31.249    5 Laps    1'44.160
8    EV-C_2    森田佳祐    #86千葉県自動車大学校CATS EV86    16    33'34.573    5 Laps    1'44.010
9    EV-3_5    大野博美    #6 日産リーフ    14    23'27.472    7 Laps    1'36.718

|

« SIM-Drive先行開発第4号車の変わっている点!? | トップページ | 新型キャデラックCTS登場 »

これからは電気自動車」カテゴリの記事

パイクス&EVレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/55771755

この記事へのトラックバック一覧です: 全日本EVレースシリーズ、2014年開幕:

« SIM-Drive先行開発第4号車の変わっている点!? | トップページ | 新型キャデラックCTS登場 »