« ECOだけどポルシェらしい駿足なパナメーラS E-ハイブリッド | トップページ | 【モデューロ一気乗り!】土屋圭市とN-BOX 編 »

2014年4月 9日 (水)

電気自動車レースJEVRA 5年目のシーズンがスタートする

 2010年に発足した全日本電気自動車グランプリJEVRA)シリーズ、今シーズンも袖ヶ浦フォレストレースウェイで413日(日)に開幕します。

001
 今シーズンは、シリーズで初めてレース距離に変更が加えられました。サーキットによってコースの距離が異なるので、
これまでは毎回50㎞を周回コースで割って周回数を決めていましたが、今シーズン6戦のうち50㎞レースが3戦、55㎞レースが2戦、そして60㎞レースが1戦となります。今年は袖ヶ浦のレース (コース全長は2400m)がシーズン中3戦あるのですが、開幕戦は21周。第5戦が23周、第625周となる計算です。毎回電欠ギリギリでの争いが繰り広げられるレースなだけに、レース距離の変化にいかに対応していくか、そのマネージメント力も重要になってくるでしょう。


 また、市販車クラスの変更もありました。JEVRAでは、市販EVをモーター最大出力でクラス分けしています。これまではEV-1クラス(100kW以上)、EV-2クラス(50
kW以上100kW未満)、EV-3クラス(50kW未満)という3クラスでしたが、今シーズンは、EV-1クラス(モーター最大出力161kW以上)、EV-2クラス(モーター最大出力111kW以上161kW未満)、EV-3クラス(モーター最大出力61kW以上111kW未満)、EV-4クラス(モーター最大出力61kW未満)の4クラスになりました。この数字を見て、いろんなEVのスペックを並べてみるとフムフム、という感じです(笑)。


 さて、開幕戦のエントリーリストが発表されています。テスラ ロードスターで、3年連続チャンピオンであった井土智洋選手は、なんとリーフに乗り換えての参戦です。井土選手はこれまで常にレースをリードし、レースメイクの役割を担ってきたわけですが、もっとコンペティティブなレースをしたいというコメントも残していたので、その結論としてのクラス替え、でしょう。


002   2011JEVRAシリーズ開幕戦では、なんと4台ものテスラ ロードスターが参戦していました

 シリーズ発足からこれまで常にレースを引っ張ってきたEV最強マシン、テスラ ロードスターが1台も見当たらないというのは寂しいですね。ちなみにこれまでのシリーズ全17戦で、テスラロードスターは延べ34台が参戦しています。


 リーフは全部で6台の参戦となります。昨年のEV-2クラス(リーフ)のチャンピオン金井亮忠選手と、井土選手の戦いにも注目ですね。

 残念ながら「ドイツからの刺客」は開幕戦には間に合わなかったようですが、どこかのレースで登場することは間違いないと思います。またテスラモデルSもまもなくデリバリーが始まります。そのあたりのEVの参戦を楽しみにしておきましょう。

 ということで、気になる開幕戦は、千葉県袖ケ浦市にある袖ヶ浦フォレストレースウェイで、予選が9時から、決勝レースは1530分スタートです。観戦は無料(駐車料金は11000円)となってます。
詳しくはJEVRAホームページまで。http://jevra.jp/XaCARレポーター・青山義明)

|

« ECOだけどポルシェらしい駿足なパナメーラS E-ハイブリッド | トップページ | 【モデューロ一気乗り!】土屋圭市とN-BOX 編 »

これからは電気自動車」カテゴリの記事

パイクス&EVレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/55634685

この記事へのトラックバック一覧です: 電気自動車レースJEVRA 5年目のシーズンがスタートする:

« ECOだけどポルシェらしい駿足なパナメーラS E-ハイブリッド | トップページ | 【モデューロ一気乗り!】土屋圭市とN-BOX 編 »