« 「しまじろうEV-2」見破ったり!? | トップページ | 市販手作りEVでワンメイクレース? »

2014年4月17日 (木)

【モデューロ一気乗り!】土屋圭市とNSX 編

 モデューロ一気乗りの最後の一台は、NSXだ。NSXに更に「走りやすさ」を追求するというコンセプトで、その登場から20年後となる2011年に発売されたのがこのサスペンションだ。

Nsx

 実は、この足については、土屋圭市さんのアドバイスは入っていない。この足の開発を行なったのは、ザッカー誌面でもたびたび登場していただいたことのある、元ホンダアクセスの玉村誠さんだ。本田技術研究所で新車開発テストドライバーとしてNSXを担当。その後ホンダアクセスに移籍し、サスペンション開発を担当。現在は現役を退いている。

 つまり、ノーマル車両の開発を行なった玉村さん本人が20年後に再び仕上げた足である。玉村さんの目指すラグジュアリースポーツ。オシャレな乗用車っぽいスポーツカーというイメージだという。

Photo

 「ノーマルに比べたらオシリの出方はしっかりしてる。それでいてノーマルの乗り心地はキッチリと維持している」と土屋さんの評価。「もうちょっとロールを抑えてスポーツカーというところを引き出したいんだけどね」というのが本心のようだが、あえてこのクルマには触っていない。それは玉村さんへのリスペクトもあるようだ。
http://www.honda.co.jp/ACCESS/nsx/

|

« 「しまじろうEV-2」見破ったり!? | トップページ | 市販手作りEVでワンメイクレース? »

やっぱり高性能車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/55815200

この記事へのトラックバック一覧です: 【モデューロ一気乗り!】土屋圭市とNSX 編:

« 「しまじろうEV-2」見破ったり!? | トップページ | 市販手作りEVでワンメイクレース? »