« 【モデューロ一気乗り!】土屋圭市とN-one編 | トップページ | SIM-Driveの新しいモーターのメリット! »

2014年4月 4日 (金)

パイクスピークに向けた準備は着々?

 SIM-Driveは、現在、モンスタータジマこと田嶋信博さんが社長を務めています。3月31日のSIM-Driveの先行開発車事業第4号成果発表会では、今後のSIM-Driveの事業展開として、タジマモーターコーポレーションとのタッグの強化が図られ、2014パイクスピークインターナショナルヒルクライムへのSIM-Driveとしての支援ということも発表されました。

001_4
 そこでさらりと今年のパイクスピーク参戦車両のカラーリングがお披露目されました。マシンは2012年から使用しているE-Runnerパイクスピークスペシャルのまま。スポンサー関係の変更でステッカーが変わっただけで基本的には昨年のものと変わりません。このカラーリングのデータもあくまでカラーリングの確認用ということで、2012年のマシン・シルエットをそのまま使用しているため、現在のマシンとは若干異なるかもしれません。

002_4 003_4                                 ※写真は2013PPIHC参戦時のもの

 6月のパイクスに向けて、現在開発は佳境を迎えているようです。国内最終テストあたりでぜひ取材をしたいというお願いはしておきました。そんな機会が訪れるといいですねぇ。今年のパイクスピークは6月20~29日にアメリカ・コロラド州で開催されます。(XaCARレポーター・青山義明)

|

« 【モデューロ一気乗り!】土屋圭市とN-one編 | トップページ | SIM-Driveの新しいモーターのメリット! »

これからは電気自動車」カテゴリの記事

パイクス&EVレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/55616295

この記事へのトラックバック一覧です: パイクスピークに向けた準備は着々?:

« 【モデューロ一気乗り!】土屋圭市とN-one編 | トップページ | SIM-Driveの新しいモーターのメリット! »