« 【パイクスピーク2014 ④】サイドカーってどんな車両? | トップページ | トヨタのスポーツカー戦略がわかった! »

2014年5月26日 (月)

タイトな筑波サーキットをどのように攻略するか?

 5月26日発売のCARトップ7月号では、6月号に引き続き筑波テスト第1弾・後編をお届けします。

 おなじみの筑波サーキットに持ち込んだのは、話題のEVカーBMW・i3を筆頭に、3ℓV6ターボ+4WDの高級スポーツセダンであるマセラティ・ギブリS Q4、2ℓ直4ターボ+4WDのゴルフRとCLA45AMG、プジョーの限定モデルRCZ Rは1.6ℓ直4ターボ+4WDと、いずれもダイナミクス性能に長けているクルマばかり。

 コースを占有したサーキットテストでは、一般道ではなかなか試すことができない限界領域での挙動や、真の走りの性能が明らかになる。CARトップ筑波テストを約30年間続けてきた経験が、タイムだけにとどまらない正しい評価を可能にするのだ。

 詳しくは、5月26日発売のCARトップ7月号を見てね。


|

« 【パイクスピーク2014 ④】サイドカーってどんな車両? | トップページ | トヨタのスポーツカー戦略がわかった! »

CARトップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/56287313

この記事へのトラックバック一覧です: タイトな筑波サーキットをどのように攻略するか?:

« 【パイクスピーク2014 ④】サイドカーってどんな車両? | トップページ | トヨタのスポーツカー戦略がわかった! »