« こんな風景、国内でも見られるようになるのか? | トップページ | 高速道路の事件は「鬼平」が解決!? »

2014年6月 3日 (火)

【パイクスピーク2014 ⑤】三菱自動車が参戦発表!

 6月2日、三菱自動車が2014年のパイクスピークインターナショナルヒルクライム(PPIHC)への参戦を正式に発表いたしました。また、同時に今年の参戦車両となるMiEV Evolution IIIの写真も公開されました。

001
 すでにPPIHCオフィシャルのエントリーリストには名前が掲出されているとおりで、2台のマシンにはそれぞれ増岡浩選手とグレッグ・トレーシー選手が乗り込むこととなっており、2台体制のチームの布陣に変わりはないようです。

 チーム監督兼32号車ドライバーとなる増岡選手は、今回の参戦を「集大成」と位置付け結果を出すべく開発を進めてきた、ということです。マシンは2013年モデルをベースに改良を加えたものですが、モーター出力をアップ(最高出力が昨年モデルよりも50kW向上)、タイヤサイズをより太く接地面積を増やし、カウルデザインも直し、ダウンフォースをより稼ぐような形状となりました。4輪車両運動統括制御システムS-AWCもさらに進化させ、安定したスムーズな走りが可能になったとしており「どんな条件の中でも優勝を狙う」と意気込んでいます。

002
 昨年は天候の変化が激しい中での出走タイミングでした。せっかく専用に開発したスリックタイヤを使うことができず、さらには練習走行では一度もウェット路面でのテストを行なわないまま決勝に進みました。

 現役のスタントドライバーでもあるトレーシー選手も決勝後マシンを降りて「怖かった」というコメントを残すほどであった。昨年は限界時の挙動に不安が残るところがあったようです。しかし今回はその反省をマシンに反映させ、どんな路面でもオン・ザ・レール感覚で走れる、としています。またウエット路面での走行テストも相当繰り返しているようですね。

 今年が3年目の挑戦となる三菱のPPIHC。これまでクラス優勝を逃してきただけに、今回こそ優勝をしてもらいたいですね!(XaCARレポーター・青山義明)

|

« こんな風景、国内でも見られるようになるのか? | トップページ | 高速道路の事件は「鬼平」が解決!? »

パイクス&EVレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/56388862

この記事へのトラックバック一覧です: 【パイクスピーク2014 ⑤】三菱自動車が参戦発表!:

« こんな風景、国内でも見られるようになるのか? | トップページ | 高速道路の事件は「鬼平」が解決!? »