« 【パイクスピーク2014予選2日目】グレッグ・トレーシーが2年連続クラスポール | トップページ | 【パイクスピーク2014】テスラ360の詳細がわかった! »

2014年6月27日 (金)

【パイクスピーク2014】さすが副社長の乗るクルマは違う?

Rav4ev
  パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムレースに出場するEVを採り上げています。今回はゼッケン230のRAV4EVです。ドライバーはスティーブ・ウィッカムさんです。スティーブさんは、TRD USAのシャシーエンジニアリング担当副社長さんです。

Stevewickham
 なんと、4週間前には全く普通のRAVEVだったこのクルマを一気にレース仕様に仕上げたということです。さすがはTRD、ですね。

Wheel
 プロダクションクラスなので、ロールケージなどの安全装備を付けて、レース用に改造の出来るところ(この車両ではブレーキをより強力なものに変更)を改造するといったところですね。しかし、よく見てみると、シートはNASCARで使用しているもの、ホイールはレクサスのFスポーツの純正ホイールと奢り方が半端ないです。さすが、ですね。

Sheet
 で、なぜ副社長さんがこのレースに出るのか? という疑問が沸いたので、実際に本人に訊いてみたところ、パイクスピークで今回EVのプロダクションクラス(市販車クラス)ができたので、それに参戦してみようという企画が持ち上がって、その企画書にとりあえず名前を入れておいて、会社に企画書として提出。企画を通してから、芸能人だとか有名人を探して乗せるつもりだったので、その時点での名前は仮のものだった。そうしたところ、レースなのだから有名人でクルマを見せるのではなく、クルマが有名になればいいということになって、結局名前を変えることなくここに至ったということだそうです。

Rav4ev2
 せっかくなので、このままモリゾウ社長とともに突っ走ってほしいですね。(XaCARレポーター・青山義明)

|

« 【パイクスピーク2014予選2日目】グレッグ・トレーシーが2年連続クラスポール | トップページ | 【パイクスピーク2014】テスラ360の詳細がわかった! »

これからは電気自動車」カテゴリの記事

パイクス&EVレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/56611942

この記事へのトラックバック一覧です: 【パイクスピーク2014】さすが副社長の乗るクルマは違う?:

« 【パイクスピーク2014予選2日目】グレッグ・トレーシーが2年連続クラスポール | トップページ | 【パイクスピーク2014】テスラ360の詳細がわかった! »