« 【パイクスピーク2014 ⑱】インディカーだって走ります | トップページ | 【パイクスピーク2014 ⑲-2】パイクスピークのおさらい~PPハイウェイ »

2014年6月25日 (水)

【パイクスピーク2014 ⑲-1】ここで突然ですが、パイクスピークのおさらい

 今週は毎日パイクスピークから情報をお届けしていますが、ここでパイクスピークをもう一度おさらいということで、ご紹介しましょう。

Pikespeak2
 パイクスピークは、ロッキー山脈の東側に位置する山のひとつ。コロラド州にあるパイク国有林の中にあります。

Pikespeaknf
 非常に有名な山で、パイクスピークへは年間15000人もの登山者が訪れているということです。また登山者だけでなく、自転車で山を下るダウンヒルを楽しむサイクリストにも人気があるようです。

Downhill

 標高は4301m。その頂上へのアクセスは、このヒルクライムレースの舞台となる山岳道路「パイクスピークハイウェイ」と、「コグレール」という名の登山鉄道(ラック式鉄道)があり、気軽に山頂まで登ることが可能です。途中で森林限界を超えますので、ふもとから山の中腹、そして頂上付近と景色を見ているだけでも楽しめます。また、デビルズ・プレイグラウンド、近くにはゲートウェイ・トゥ・ヘブンといった面白い名前がつけられた景勝地もあります。

Cograilway

 このパイクスピークの最寄りの街というのが、コロラドスプリングスです。コロラドの州都デンバーからクルマで2時間ほど南下したところに位置しています。

Northpole パイクスピークハイウェイ入り口脇にある「ノースポール」というサンタをテーマにしたアミューズメント施設。すごく気になるんですが、いまだに足を踏み入れたことがありません(笑)

 このコロラドスプリングス自体の標高は2000m弱です。いわゆる高原のリゾート地です。周辺には風穴やインディアン居住地跡、西部開拓時代のテーマパークなど、いわゆるリゾート地にありがちなアミューズメント施設も充実です。ただ、「高級リゾート」感がないのが残念なところ、です。(XaCARレポーター・青山義明)

|

« 【パイクスピーク2014 ⑱】インディカーだって走ります | トップページ | 【パイクスピーク2014 ⑲-2】パイクスピークのおさらい~PPハイウェイ »

パイクス&EVレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/56606737

この記事へのトラックバック一覧です: 【パイクスピーク2014 ⑲-1】ここで突然ですが、パイクスピークのおさらい:

« 【パイクスピーク2014 ⑱】インディカーだって走ります | トップページ | 【パイクスピーク2014 ⑲-2】パイクスピークのおさらい~PPハイウェイ »