« 【パイクスピーク2014 ⑲-1】ここで突然ですが、パイクスピークのおさらい | トップページ | 本日発売! CARトップ8月号の目玉はなんと言っても筑波テスト! »

2014年6月26日 (木)

【パイクスピーク2014 ⑲-2】パイクスピークのおさらい~PPハイウェイ

 このパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムレースの舞台となるのが、パイクスピークハイウェイです。コロラドスプリングスという街から西へ15分ほど走ったところにあります。
Map
 パイクスピークハイウェイは全長約30km19マイル)あります。ここが舞台というと、全線を使用してレースをしていると思われているかもしれませんが、実はこのハイウェイのすべてを使っているわけではありません。レース距離(約20km12.42マイル)を見ていただければわかりますが、ハイウェイの後半23を使用しているわけです。

 このハイウェイは有料です。大人一人12ドル、6歳から15歳までの子供は5ドル(5歳以下は無料)です。クルマ一台あたり40ドル(1台につき5名まで)。

Pphgate
 ハイウェイのスタート地点は料金所(上のマップにあるスタート地点はレースのスタート地です)。ちなみにここの標高は7400フィート(2255m)です。全面舗装されており、全線片側2車線。追い越し車線は一切ありません。ガードレールは設置されているところもありますが、ごくわずかです。

Hiway
 ルート上にはキャンプ場などがあり、頂上にサミットハウス、貯水池脇にも売店があります。駐車場は6ヵ所ありますし、道端に停められる場所もいくつかあります。ヒルクライムレース以外に、パイクススピークマラソンなども毎年開催されているようです。

Timberline
 途中コーブ・クリークを過ぎると森林限界を超えることになります。それまでは緑の中を走っていた道も、岩山にへばりつくようになっていきます。

Hiway2
 帰りは、ずっとブレーキを使いながら帰ってくることになるので、途中のグレン・コーブには監視員が常駐し、ブレーキディスクの温度をチェックしてくれます。

Glencove
Brakecheck
 ちなみに、決勝日だけは営業をお休みとしますが、レースウィークでも午前9時以降(走行セッションが終了する時間)は通常営業となります。この時期でなくとも、コロラドに立ち寄ることがあったら一度登ってみたらいかがでしょうか?(XaCARレポーター・青山義明)

|

« 【パイクスピーク2014 ⑲-1】ここで突然ですが、パイクスピークのおさらい | トップページ | 本日発売! CARトップ8月号の目玉はなんと言っても筑波テスト! »

パイクス&EVレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/56606930

この記事へのトラックバック一覧です: 【パイクスピーク2014 ⑲-2】パイクスピークのおさらい~PPハイウェイ:

« 【パイクスピーク2014 ⑲-1】ここで突然ですが、パイクスピークのおさらい | トップページ | 本日発売! CARトップ8月号の目玉はなんと言っても筑波テスト! »