« ニュルの田舎の村に、日本語メニューとテンプラのあるイタメシ屋がある! | トップページ | トップガン成瀬さんの「ニュル思い出の桜」に手を合わせた! »

2014年6月23日 (月)

ニュル24時間レースがゴール、日本勢の結果は?

 ニュルブルクリンク24時間耐久レースは、現地時間6月22日の16時にゴールを迎えました。

Toyota

 GAZOO Racingは3台とも大きなトラブルもなく順調に周回を重ね、No.52 LEXUS LFA Code-Xが総合11位(SP-PROクラス1位)、No.48 LEXUS LFAが総合13位(SP8クラス1位)、No.86 TOYOTA 86が総合55位(SP3クラス1位)と、3クラス制覇を達成。No.48のファイナルドライバーはモリゾウ選手が担当、慎重なドライビングでチェッカーを受けた。

86

 No.118 SUBARU WRX STIは一時クラストップに立つものの、他車との接触やそれに起因するトラブルが発生し、総合33位(SP3Tクラス4位)とSP3Tクラス王座奪回は来年へ持ち越された。

Sti

 NISSAN GT-R GT3勢はNo.24が総合15位(SP9-GT3クラス12位)No.80は総合25位(SP9-GT3クラス14位)、No.30は高速ブラインドコーナー先で完全停止の他車を避けコースアウトしクラッシュ→リタイヤと、総合優勝を狙える性能を考えると残念な結果。
 また、No.195 MAZDA MX-5も夜間走行中にコースアウトによりクラッシュ→リタイヤに終わった。

Dsc_0427

 緑の地獄(グリーンヘル)と呼ばれるニュルブルクリンクは、日本車にどのような評価を下したのだろうか? メーカーによって結果に明暗が分かれましたが、ジャパンパワーの挑戦は来年も続くでしょう。

|

« ニュルの田舎の村に、日本語メニューとテンプラのあるイタメシ屋がある! | トップページ | トップガン成瀬さんの「ニュル思い出の桜」に手を合わせた! »

イベント&レース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/56582458

この記事へのトラックバック一覧です: ニュル24時間レースがゴール、日本勢の結果は?:

« ニュルの田舎の村に、日本語メニューとテンプラのあるイタメシ屋がある! | トップページ | トップガン成瀬さんの「ニュル思い出の桜」に手を合わせた! »