« スピードウェイで開催のaf imp.スーパーカーニバル2014は大盛況 | トップページ | 86&BRZの一部改良を徹底考察 »

2014年6月17日 (火)

【パイクスピーク2014 ⑩】ターゲットタイムは奇しくも9分切り!?

 三菱の2014年のパイクスピーク参戦の正式発表が行なわれた同日、TEAM APEVよりチームAPEV with モンスタースポーツ(E-RUNNER パイクスピークスペシャル/田嶋伸博選手)の走行テストの様子などがYouTubeで公開された。

[PHASE 1]田嶋伸博選手インタビューとモーターランド三河での走行シーン(1分56秒)

 [PHASE 2]田嶋伸博選手インタビューとモーターランド三河での走行シーン(4分19秒)

 

[PHASE 3]スパ西浦サーキットでの走行シーン(2分27秒)


 この動画を見てみると、田嶋選手が新しいヘルメットを使用していることなどがわかるものの、残念ながらボディの大きな変更などの確認はできなかった。ただ、タイヤサイズの変更がありそうな感じであることだけが確認できた。以前からチーム関係者からは、タイヤの小径化が検討しているという発言もあったので間違いないものと思われます。

 三菱の増岡浩選手からも9分前半、うまくいけば8分台を狙いたいという発言がありましたが、タジマ関係者からも「タイヤの性能向上次第というところはあるが今年の目標タイムとしては9分を切りたい」というコメントが出ています。

 ニュルのアンダー8ならぬ、アンダー9が今年のパイクスのトレンド?(XaCARレポーター・青山義明)

|

« スピードウェイで開催のaf imp.スーパーカーニバル2014は大盛況 | トップページ | 86&BRZの一部改良を徹底考察 »

パイクス&EVレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/56389832

この記事へのトラックバック一覧です: 【パイクスピーク2014 ⑩】ターゲットタイムは奇しくも9分切り!?:

« スピードウェイで開催のaf imp.スーパーカーニバル2014は大盛況 | トップページ | 86&BRZの一部改良を徹底考察 »