« 大好評の新型Cクラスは、特集本も絶好調です | トップページ | 急速充電器はチャデモ方式だけではなくなる? »

2014年7月24日 (木)

【パイクスピーク2014 考察】グレッグ・トレーシー選手の偉業

Mitsubishi
 あっという間にパイクスピークレースから3週間が過ぎてしまいました。ここではもう一度じっくりと振り返ってみたい、ということで、現場を見てきて気になったことをいくつかピックアップしてみようと思います。

Greg
 今回は、グレッグ・トレーシー選手が908188のタイムを記録し、三菱がついに念願の電気自動車モデファイドクラス優勝をすることができました。その立役者、トレーシー選手は、実はすごい記録を樹立していました。

Gregrun
 そうです。唯一2輪と4輪の両方で10分切りをした最初のライダーでありドライバーなのです。トレーシー選手は一昨年に9582621205クラス/ドゥカティ・ムルティストラーダ1200S)のタイムを出して、9 MINUTE CLUB入りしています。

 今回レース後にコメントをもらったのですが、ちょっと印象的なフレーズがありました。「EVレーサーは"禅"のようだ」と言うのです。アクティブに車体を振りまわして派手なエキゾーストノートとともに駆け上がるバイクに比べ、コクピットに収まって静かに駆け上がってくるEVマシン、という意味だと思いますが、この偉業を達成したトレーシー選手ならではのコメントですね。

Gregposter

 ちなみに、今この記録を持っているのは、彼だけです。これまで9 MINUTE CLUBには10名がおり、今回の92回大会で、増岡浩選手他3名が新たに記録を更新し、全14名がこの9分クラブ入りしています。しかし、その顔触れを見る限り、このトレーシー選手の偉業に並ぶものは、しばらくは現れそうにありませんね。(XaCARレポーター・青山義明)

|

« 大好評の新型Cクラスは、特集本も絶好調です | トップページ | 急速充電器はチャデモ方式だけではなくなる? »

パイクス&EVレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/56835329

この記事へのトラックバック一覧です: 【パイクスピーク2014 考察】グレッグ・トレーシー選手の偉業:

« 大好評の新型Cクラスは、特集本も絶好調です | トップページ | 急速充電器はチャデモ方式だけではなくなる? »