« 新型メルセデス・ベンツ Cクラスのことならこの1冊を | トップページ | CARトップ8月号から、土屋圭市の新連載スタート【動画】 »

2014年7月15日 (火)

ホンダ、船外機生産50周年記念式典を開催!

 7月14日、ホンダは静岡県浜松市にある船外機工場にて、50周年の記念式典を開催した。

Sengaiki
 船外機とは船舶用のエンジンのことで、ホンダが船外機の製造を開始したのは1964年7月のこと。T360で4輪事業に乗り出した翌年にはこの船外機事業にも参入したことになる。当時から「水上を走るもの、水を汚すべからず」と当時まだ2ストロークエンジン中心の船外機事業に4ストローク1本で立ち向かい、4ストロークがメインの現在の市場を牽引したとされる。

Hosoe
 当時は浜松にあった葵工場で生産。現在は、浜名湖の北岸にあるホンダ汎用パワープロダクツ事業本部 船外機工場(旧ホンダ浜松製作所細江工場)で、BF2からBF250まで11カテゴリー25機種のラインナップの生産が行なわれている。

50model
 ここはホンダ唯一の船外機工場でここで生産された船外機が世界へ輸出されているわけだが、来春からは中国で小型の船外機の製造が計画されているという。

|

« 新型メルセデス・ベンツ Cクラスのことならこの1冊を | トップページ | CARトップ8月号から、土屋圭市の新連載スタート【動画】 »

イベント&レース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/56790242

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダ、船外機生産50周年記念式典を開催!:

« 新型メルセデス・ベンツ Cクラスのことならこの1冊を | トップページ | CARトップ8月号から、土屋圭市の新連載スタート【動画】 »