« 【パイクスピーク2014】EVモデファイドクラスでついに三菱優勝! | トップページ | 【パイクスピーク2014】2輪チームは一人を除いて表彰台獲得! »

2014年7月 1日 (火)

トヨタの次世代テレマティックサービス

 618日(水)-20日(金)に東京ビッグサイトで開催されたクラウドコミュニティJapan2014。この会場で、トヨタのG-BOOKに代わる新たな次世代テレマティックサービスの概要が発表されました。

000
 
トヨタは2002年にテレマティックサービスG-BOOKを発表。また、2005年にはレクサスブランドに同様のサービスG-Link標準搭載する等の展開をしてきましたが、今回これを一新するというのです。

001_2
 それがT-Connect。トヨタスマートセンターというクラウドに接続をして使用するサービスになります。その構成は音声対話型サービス「エージェント」、様々なアプリを選択してカーナビにインストールできる「APPS(アップス)」、従来からのサービスである「オンラインケア」から構成されます。

002_2
 今回の最大の特徴ともいえるのが、対話型音声サービス「エージェント」というロボットオペレーターサービスです。これは、ナビの目的地設定やニュース情報の検索などの操作を音声でできるというもの。音声での操作はこれまでもありましたが、複雑な依頼に対してもそれをこなせるような高度なものであるということです。

003_2
 また、それでも要件がうまく伝わらない時は、有人オペレーターに転送、オペレーターはその直前までの会話履歴を確認してこれを引き継ぐというものです。もちろん、この要件が伝わらなかったことに対しては修正履歴が残り、学習していくということです。

004
 走行履歴や利用履歴、車両情報といったビッグデータをベースに、クルマの行き先とルートを予測し、天気情報や路面情報、燃料不足時の案内や、好みの店やイベント情報などを先読みして案内していく「先読み情報サービス」も行なわれます。

 スマホのWi-Fiテザリングや、全国20万ヵ所以上あるauWi-Fiスポットを利用したWi-Fiリンクサービスを介して、クラウド上にあるトヨタスマートセンターから返答となるため、通信環境によっては音声対話も多少のタイムラグが生じるようです。また、学習機能はクラウド側にあるため、これまでのように車載機が個人の特徴に対して学習していく方式ではないので、個々人の特徴に合わせたカスタム化には対応はしていません。

005
 T-Connectナビ専用アプリ「APPS」は、車両情報と連動するアプリです。ドライブアシスト(運転支援)、インフォテイメント(情報&娯楽)、コミュニケーション(交流)、ライフサポート(暮し)といったカテゴリーでさまざまなアプリが提供されます。このアプリは、トヨタスマートセンターにあるT-Connectアプリストアからダウンロードができます。

 アプリの一例として、ドライブアシストカテゴリから、減速の滑らかさを競う「停止の達人」(なんと交差点ごとに診断結果がランキングされる!)が発表の場で紹介されていました。また、ライフサポートカテゴリから「パナソニックエアコン操作アプリ」、「自動車保険アプリ」も紹介されました。

「パナソニック~」は、クルマのリアルタイム位置情報とパナソニックのクラウドにあるスマート家電システムが連携して、自宅に近づいたらエアコンのスイッチを入れる、切り忘れを促してエアコンの操作を止める、といったことが可能になります。また、「自動車保険~」はあいおいニッセイ同和損保クラウドと連携することで、走行距離1km単位で保険料が計算されるという、実走行距離連動型自動車保険のアプリであったりします。

 ちなみに既存のG-BOOKにあったオンラインケア(緊急通報サービスや渋滞回避ルート案内、地図データ更新等)は、継続してサービスを提供していくということです。

006
 さらに、エージェントやオンラインケアは、スマホやタブレットからも利用できるマルチデバイス対応としています。マイカーの情報(燃費、走行距離、走行軌跡、平均時速など)はスマホ上で確認ができますし、ディーラーからの案内も届く仕組み。また、カーナビにリンクして、車両を駐車場に入れた後のナビゲーション(ラストワンマイル)も、スマートセンター上で目的地を共有しているので、リンクしています。

 T-Connectの利用料金は永年無料(接続はWi-Fiリンクサービス)。スマホを介さず、車載通信機DCMによる常時接続していくサービスについては、初年度無料で次年度より12000円/年となります。

 レクサスについては、T-Connectと同様の機能とサービスを織り込んだ、G-Link新機能対応ナビとDCMを標準搭載して3年間無料としています。従来のG-BookG-Link対応ナビのサービスについては継続、この夏以降にT-Connect対応ナビを順次ラインナップしていく予定です。

|

« 【パイクスピーク2014】EVモデファイドクラスでついに三菱優勝! | トップページ | 【パイクスピーク2014】2輪チームは一人を除いて表彰台獲得! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/56562481

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタの次世代テレマティックサービス:

« 【パイクスピーク2014】EVモデファイドクラスでついに三菱優勝! | トップページ | 【パイクスピーク2014】2輪チームは一人を除いて表彰台獲得! »