« Formula E開幕まで1か月半~鈴木亜久里さんの記者会見その1 | トップページ | 86万歳!! 8月6日はXaCARにとっても特別な日 »

2014年8月 6日 (水)

【パイクスピーク2014 考察】ゴールラインはどこなのか?

 今年のパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムでは少し面白い話がありました。なんとエントラントの間で、ゴールフィニッシュライン(計測終了ライン)の認識が違っている、ということです。

Finishpoint
 チェッカーマン(そういえば今年は白黒のチェック柄のベストを着ていませんでしたね。決勝日に間に合わなかったということだそうです)のいるフラッグスタンドよりも前にあるという説があり、フラッグスタンドよりもずっと先にあるという説です。

Afterfinishline
 手前説はチェッカーでアクセルを閉じるので問題ないでしょうが、ずっと先にあるという説を支持しているとチェッカーのちょっと先はダートになっていますので、アクセルオフが間に合わない、なんてことにもなりかねませんね。今回はそのためゴール後に事故が起きた、という説まで流れていました。

 実際にどこにあるのか、ということで、これについては、ゴール地点に終日いる我々取材人はみんな知っているわけで、、ここでお伝えだけしておきましょう。

Finishline
 チェッカーマンのいる後ろ側アスファルト上に2本の切れ込みがあり、ここから2本の線がフラッグスタンド内にあるボックスに引き込まれています。つまりこの2本線が計測終了ポイントということです。

Checkerman
 もし、来年以降参戦を考えている方がいましたら、ここですからね。チェッカーを受けるまでしっかりアクセル開けて、チェッカー受けたらすぐにブレーキ! でがんばってください!!XaCARレポーター・青山義明)

|

« Formula E開幕まで1か月半~鈴木亜久里さんの記者会見その1 | トップページ | 86万歳!! 8月6日はXaCARにとっても特別な日 »

パイクス&EVレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/56844085

この記事へのトラックバック一覧です: 【パイクスピーク2014 考察】ゴールラインはどこなのか?:

« Formula E開幕まで1か月半~鈴木亜久里さんの記者会見その1 | トップページ | 86万歳!! 8月6日はXaCARにとっても特別な日 »