«  お盆の夏休みに都心で仕事する快感と東京ドーム情報! | トップページ | レクサスNXの2リッター・ターボの走りは本物だった! »

2014年8月19日 (火)

Formula E開幕まで1か月~鈴木亜久里さんの記者会見その2

Withagagceo
フォーミュラEホールディングスのアレハンドロ・アガグCEO(写真右)と鈴木亜久里さん

 8月1日の鈴木亜久里さんのフォーミュラEの記者会見から半月。引き続いて電気自動車の最高峰レースとなるフォーミュラEについてもう少しお話をしましょう。

Srt_01e
 今回はそのマシンについて。今シーズンはスパーク ルノーSRT_01Eというマシンを全チームが使用するワンメイク状態でのレースとなります。

 スパーク・レーシング・テクノロジー(SRT)が設計・組み立てを担当。シャシーはイタリア・ダラーラ製。技術パートナーとしてF1に参戦しているマクラーレンとウィリアムズがこれに参加。マクラーレンがパワートレイン(4速ギヤボックス)および電子システム(ECU/データロガーシステム)、ウィリアムズがバッテリーを担当。そしてルノーがシステム統合を受け持ちます。タイヤはミシュランがオールウエザーの溝付タイヤを供給します。

Srt_01e_tire_2

フォーミュラマシンに18インチタイヤという組み合わせは非常に斬新。

 最高速度は225㎞/hと制限されています。最高出力は200kWですがレースモードでの出力は133kWに抑えられています。エキストラパワーとして67Wが使えます。

Fanboost_news
 これは「プッシュ・トゥ・ブースト」という、SNS連動型のファン投票によるブーストシステム。ファンの投票で上位3選手に「プッシュ・トゥ・ブースト」ボタンが5秒間×3回使えるようになるというもの。そういった仕掛けも用意されているシリーズなのです。

Srt_01e_rear
 ちなみに2015年以降はマシンを製造・改良することが可能ということでもっといろんなマシンが並ぶかもしれません。また、アメリカ・クアルコム社との協力でワイヤレス充電の採用が検討されています。年を追うごとにすごく進化のあるシリーズになりそうです。(XaCARレポーター・青山義明)

 

|

«  お盆の夏休みに都心で仕事する快感と東京ドーム情報! | トップページ | レクサスNXの2リッター・ターボの走りは本物だった! »

これからは電気自動車」カテゴリの記事

パイクス&EVレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/57068218

この記事へのトラックバック一覧です: Formula E開幕まで1か月~鈴木亜久里さんの記者会見その2:

«  お盆の夏休みに都心で仕事する快感と東京ドーム情報! | トップページ | レクサスNXの2リッター・ターボの走りは本物だった! »