« 学生フォーミュラ大会EVクラスの現状 | トップページ | 新車テストの我が聖地「箱根ターンパイク」の名前をマツダがジャック!! »

2014年9月16日 (火)

山下健太選手、以後お見知りおきを!

 マツダが毎年開催しているメディア対抗ロードスター4時間耐久レースに参戦を続けている我がXaCARチーム。今年はCARトップとの合同チームとして参戦。そこにレジェンド土屋圭市さんとともに召喚したのが、全日本F3選手権にトムスのワークスナンバーで参戦する山下健太選手だ。

Kenta
 
山下選手をレギュレーションにある「助っ人ドライバー」として登録した。通常ドライバーは最大96分(一回の連続走行は50分まで)だが、この助っ人ドライバーは合計運転時間、連続運転時間ともに40分までとなっている。

 
この山下健太選手をどこに投入するのか、ゼッケン111CARトップ&XaCAR城市一族チーム」としては、山下選手をアンカーとして、最後の40分で一気にマクる作戦。ちょうどペースカーが入っているタイミングの午後720分きっかりに、山下選手を投入。すでに日は落ちてあたりは真っ暗。山下選手はナイトセッション&マツダ・ロードスターという慣れない状況の中懸命にプッシュを続け、最終182周目にはこの4時間のレースでのファステストラップをたたき出してゴール! チームは歴代最上位となる2位を獲得した。

Sportdesignfrontspoiler
Sportdesignsidestep
Sportdesignrearmudguard
 そんな山下選手は、東海大学に通う19歳。その愛車はトヨタ86! さっそくチェックしてみると、お気に入りのグラージオ「SPORTDESIGN」のフロントスポイラー、サイドステップ、リアマッドガードといったパーツをさりげなく装着。履いているホイールは、同じSPORTDESIGN のEDITION-1。このホイール、910日発売の「XaCAR 86/BRZ MAGAZINE」にも掲載しているので是非チェックしてね!

Sportdesignedition1
 
現在は、ホイール越しに見える貧弱なブレーキを何とかしたい、とのこと。たしかに何とかしたいね。

|

« 学生フォーミュラ大会EVクラスの現状 | トップページ | 新車テストの我が聖地「箱根ターンパイク」の名前をマツダがジャック!! »

86&BRZファンクラブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/57337298

この記事へのトラックバック一覧です: 山下健太選手、以後お見知りおきを!:

« 学生フォーミュラ大会EVクラスの現状 | トップページ | 新車テストの我が聖地「箱根ターンパイク」の名前をマツダがジャック!! »