« 塙郁夫選手、今度はジオランダーでBaja1000へ! | トップページ | 第12回全日本学生フォーミュラ大会開催中! »

2014年9月 3日 (水)

フォレスターtS 登場カウントダウン、間近!?

 8月最後の週末となった30日~31日、鈴鹿サーキットでは第43インターナショナル鈴鹿1000㎞が開催されました。鈴鹿の本コースを173周で速さを競うこの1000㎞レース。国内最高峰のSUPER GTのレースであり、1966年から開催されている伝統の1戦ということで、多くの観客が詰めかけます。

 もちろん、そういったレース好きの皆さんに向けて、グランドスタンド裏のイベント広場には、さまざまなブースが出展していて、ここを回っているだけでも一日楽しめてしまいます。もちろんSUPER GT300クラスにBRZで出場しているスバル/STIのブースもありました。

Forestertsfront
 そのブースの一角に、そおっと一台のコンセプトカーが出展されていました。世界初公開となるフロントグリルにtSのエンブレムが付けられたWRブルー・マイカのフォレスター。そうです。仙台フォレスターにも期間限定で発売されたフォレスターtS! のコンセプトモデルだそうです。フロントウインドウには「STI tS CONCEPT」の鉢巻きが巻かれているとおり、「SUBARUフォレスターSTI tS CONCEPT」の実車展示だということです。

 スバルテクニカインターナショナル商品開発部の森宏志さんが、このtSコンセプトの脇に立って直接ユーザーの声を聞いていました。STIのこういった姿勢、感心させられます。

Rearsuspension
 もちろん残念ながら、森さんに詳細を語っていただくことはできませんでしたが、外から見える部分の撮影は自由にどうぞ(ドアはロックされており窓から見える部分のみ)とのことでしたので、撮影敢行。

Forestertsfrontunder
 下まわりのボディ補強系、フレキシブルドロースティフナーやサポート、専用ダンパーなどは当然のこと、ステアリング、メーター、シフトノブ、そして専用シートという定番メニューはすべて盛り込まれている様子。

Interior01_2
 フロントグリルから中を覗くと、なかにラジエターコアが追加されています。

Radietor_2
 またBBSホイール(タイヤは245/45R19サイズのBSテュランザER33)、ブレンボのブレーキと今回は足まわりにも力が入っている様子です。

Bbsbrembo
 今すぐこのまま登場しても問題なさそうな感じですね。(XaCARレポーター・青山義明)

 

|

« 塙郁夫選手、今度はジオランダーでBaja1000へ! | トップページ | 第12回全日本学生フォーミュラ大会開催中! »

やっぱり高性能車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/57248790

この記事へのトラックバック一覧です: フォレスターtS 登場カウントダウン、間近!?:

« 塙郁夫選手、今度はジオランダーでBaja1000へ! | トップページ | 第12回全日本学生フォーミュラ大会開催中! »