« マツダのデザインはどうなっていく? | トップページ | “P専食堂”裏話・小食のくせにグルメ取材をする2人 »

2014年10月29日 (水)

フォレスターtS 登場直前詳細情報第2弾!

 第43インターナショナル鈴鹿1000㎞が開催された鈴鹿サーキットでの目撃情報から早2ヵ月。10月25日、26日に東京・お台場で開催された「モータースポーツジャパンフェスティバル2014お台場」で再びその姿を見ることができました。

Foresterts01
 鈴鹿に続くフォレスターtSコンセプトの一般お披露目の第2弾となったわけですが、前回紹介した「フォレスターtS 登場カウントダウン、間近!?」の時は外装だけしかチェックできませんでした。しかし、今度は内装もチェックできることができました。

Forester02_2
 本革巻ステアリングホイールはSTIのエンブレムと赤ステッチが入っているし、STIプッシュエンジンスイッチ、STIロゴ入り260km/hメーターとインパネは、STIが手掛けるtSらしいもの。他にも加飾パネルはチタンカラーカーボン調のものが採用されていて、ピラートリムからルーフまでブラックインテリアとなっていました。

Forester07
 シートもグレーパンチングのアルカンターラに本革のコンビシートに赤ステッチが入っています。

 さらには実際に、走行するデモンストレーションランも行なわれました。ドライバーはこのクルマを担当する森 宏志さんでした。

Foresterts02
 ティザーサイトでは「11月25日に会いましょう」とのメッセージが流れています。11月25日が、登場日のようですね。さて、このtSコンセプトからどの程度変化があるのか? それともそのまま登場するのか? 約1ヵ月後に答えがわかります。(XaCARレポーター・青山義明)

|

« マツダのデザインはどうなっていく? | トップページ | “P専食堂”裏話・小食のくせにグルメ取材をする2人 »

やっぱり高性能車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/57820457

この記事へのトラックバック一覧です: フォレスターtS 登場直前詳細情報第2弾!:

« マツダのデザインはどうなっていく? | トップページ | “P専食堂”裏話・小食のくせにグルメ取材をする2人 »