« LAオートショー開催を前に、明日からメディアデースタート! | トップページ | マツダアテンザ&CX-5マイナーチェンジで変わる二つの目? »

2014年11月20日 (木)

日本EVフェスティバル開催20周年!

 筑波サーキットで11月3日に開催された「日本EVフェスティバル」は、舘内 端さん率いる日本EVクラブ主催のコンバートEVの祭典です。

Evfestival_2
 なんと今年で20周年を迎えることとなった、ということだそうです。1994年に設立された日本EVクラブで会員が製作した手作りEVはすでに300台以上! このEVフェスティバルも、そんな自分たちで作ったコンバートEVを持ち寄って、その走りを競うというイベントとなります。

30endurance
 メインとなるのは、2つの耐久レース。午前中に行なわれたのはERK(=エレクトリックレーシングカート)30分ディスタンスチャレンジ。電動カートを使用し、30分間、筑波サーキットのコース2000を走り、コースを何周できたかを競うもの。ピットインは5回以上を義務付け等の独自ルールが設けられています。

1hendurance
 そしてもう一つが、コンバートEV1時間ディスタンスチャレンジです。こちらは普通の自動車をEVにコンバートした車両による耐久レース。レギュレーションは基本的にはERKのディスタンスチャレンジとレギュレーションは一緒です。今年もベース車の顔ぶれがバリエーションに富んだ楽しいものになりました。

Eup
 また、そんな耐久レース以外の時間を使って、市販EVおよびPHEVも試乗会が開催されました。VW e-UP!、BMW i3、日産リーフ、ホンダ・フィットEV、テスラ・モデルS、アコードPHEV、アウトランダーPHEVといった最新のEV・PHEVが集結しており、自動車専門学校の学生などが朝から試乗チケットを手に入れるべく行列を作っていた。やはり輸入車EVは早々に試乗枠が埋まってしまっていました。

 20年の節目のイベントを終え、来年の日本EVフェスティバルは開催時期を大きくずらし5月3日に開催することとなりました。また、会場もこれまでの筑波サーキットコース2000からコース1000へと引越することになったようです。

|

« LAオートショー開催を前に、明日からメディアデースタート! | トップページ | マツダアテンザ&CX-5マイナーチェンジで変わる二つの目? »

これからは電気自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/57911356

この記事へのトラックバック一覧です: 日本EVフェスティバル開催20周年!:

« LAオートショー開催を前に、明日からメディアデースタート! | トップページ | マツダアテンザ&CX-5マイナーチェンジで変わる二つの目? »