« 【JEVRA第6戦予選】シリーズ最終戦は大盛り上がり! | トップページ | 走れる“未来”が今やってきた! エンジンのないスーパーなセダン、「トヨタ新型ミライ」完成。 »

2014年11月17日 (月)

【JEVRA第6戦決勝】意外にBMW i3は速かった?

 電気自動車のみのレースシリーズ、2014シーズン最終戦となる全日本電気自動車グランプリ(JEVRA)シリーズ第6戦が、千葉県・袖ヶ浦フォレストレースウェイで11月16日午後2時スタートしました。レース距離はシリーズ初の60㎞(袖ヶ浦のコースで25周)レース。

Grid
 決勝レースは、金沢秀好選手(#39 ウェルマー☆ビルズ☆FT86EV/EV-C)
がスタートからプッシュ。一方2番手スタートの金井亮忠選手(#72 チームNATS・日本自動車大学校・リーフ/EV-3)以下リーフ勢は、 ペースを抑え気味のレーススタートとなった。そのため、9番手スタートの榊原康伸選手(#9 TAUS東京自動車大学校TESLA/EV-1)がジャンプアップしてトップを行く金沢選手を追いかける展開。3番手には、菰田 潔選手(#17 BMW i3/EV-2)、塚本奈々美選手(#773 CARトップ&WEBCARTOP i3/EV-2)、佐藤久実選手(#16 BMW i3/EV-2)の3台が続きます。

Nercスタート3分前、車検場の前で バタバタやっているのはNERCの2台。バッテリー2台分積みのリーフを製作して今回出場するはずだったものの、この日の朝になってもクルマが仕上がらず、ということで、普通のリーフで出走に切り替えたものの、まさかのレースに遅刻!?

6thbattle
 5台のリーフによる6番手争いに割って入ってきたのが、国沢光宏選手(#57 フィット EV/EV-3)。一緒にエントリーしている国沢悠来選手(#95 国沢ネオチューン号/EV-3)の親子でリーフ勢をパスして6番手に上がると、そのまま息子リーフを引っ張って集団から抜けようという作戦。

Kunisawafamily
 「フィットEVでリーフに勝てるわけはないので、何か面白いことをやりたい」と秘策を仕込んだ国沢選手は、その後急きょピットイン。ピットにはマイダスラボの車両(チャデモ配電機 を積んだEV救援車両)がおり、ここでなんと、電気の補充!(レギュレーション上はオーガナイザーの特認を取ればピットでの充電は可能) 2.5kWhを給電してコースへ復帰(リーフよりも3ラップダウン)。

Charge
 トップを快走する86EVの金沢選手は最終ラップ最終コーナーでバッテリー切れで惰性で走行しチェッカー。しかし、その直前、2番手を走行していた榊原テスラがこれをパスして優勝。TAUSテスラは2012年開幕戦から参戦してきたものの、常にもう一台のテスラロードスターに勝つことができず一度も勝ったことがなかったわけです。それでも、当初は全くのノーマルだった車両を、学生たちが毎回手を入れ続け、参戦12戦目にしてようやく優勝を手にすることができました。

Taustesla
 今回初参戦のBMW i3は、バッテリー容量がリーフよりも少ない21.8kWh(リーフは24kW h)、しかし車両重量はリーフより軽い1260kg(リーフは1430-1460kg) というスペック。実際どの程度速いのか、という感じでしたがフタを開けてみればリーフよりも前方を走ることになりました。

 レース序盤から快調に飛ばしていた菰田選手は24周目の1コーナーでまさかの電欠リタイヤ。菰田選手の真後ろで空気抵抗を抑えつつ、さらにブレーキを踏んでスピードを落とすことのないようにしっかり走り切った佐藤選手が総合3位に入賞となりました。また、塚本選手はレース中盤に、このままのペースでは電欠するということで、チームの指示でペースダウンをして後半に電力を温存しつつ、ラストスパートをかけたものの、佐藤選手の電費が予想よりもよく、残念ながら佐藤選手をパスすることはできませんでした。

Bmwi3
 これで今シーズンのレースは終了した。来シーズンも全6戦の開催を予定している。新たな市販EVの登場でさらに盛り上がってくれるとウレシイ…(XaCARレポーター・青山義明)

Podium
【RESULT】
総合順位/クラス順/ドライバー/車番車名/周回/所要時間/トップ差/ベストタイム
1/EV-1_1/榊原康伸/#9TAUS東京自動車大学校TESLA/25/38'21.014/-/1'26.180
2/EV-C_1/金沢秀好/#39ウェルマー☆ビルズ☆FT86EV/25/38'25.146/4.132/1'24.660
3/EV-2_1/佐藤久実/#16BMW i3/25/39'53.005/1'31.991/1'31.254
4/EV-3_1/金井亮忠/#72チームNATS・日本自動車大学校リーフ/24/38'36.889/1Lap/1'26.897
5/EV-3_2/レーサー鹿島/#88東洋電産LEAF/24/38'37.862/1Lap/1'27.177

|

« 【JEVRA第6戦予選】シリーズ最終戦は大盛り上がり! | トップページ | 走れる“未来”が今やってきた! エンジンのないスーパーなセダン、「トヨタ新型ミライ」完成。 »

パイクス&EVレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/57990609

この記事へのトラックバック一覧です: 【JEVRA第6戦決勝】意外にBMW i3は速かった?:

« 【JEVRA第6戦予選】シリーズ最終戦は大盛り上がり! | トップページ | 走れる“未来”が今やってきた! エンジンのないスーパーなセダン、「トヨタ新型ミライ」完成。 »