« スカイアクティブテクノロジーバッヂが新しくなる? | トップページ | 住友電工の急速充電用のコネクタがまた軽くなった? »

2014年11月22日 (土)

NSXの新車にまだ乗れる! 驚きの「NSXリフレッシュプラン」

 11月22日発売の『NSX OWNERS FILE』は、NSX、そして同車の「育ての親」である黒沢元治さんを全面的にフィーチャーした1冊だ。NSXの開発秘話をはじめ、「和製ニュル」といわれる本田技術研究所・鷹栖プルービング・ワインディングコースでの黒沢元治全開アタック! などなど、見どころ満載の中身だ。

Nsx_cover_5

 今回は取材こぼれ話として、NSXファンならずともクルマ好きなら「いいなあ」と、思わずため息がこぼれる「とんでもないプラン」を紹介しよう。

 生産終了して12年経過したNSXだが、ホンダは今もなお「NSXを新車に戻す」サービスを行なっている。その名も「NSXリフレッシュプラン」。高根沢にあるリフレッシュセンターで専任スタッフが内外装、エンジン、シャシーに至るまで、劣化した部分を全て新品部品に交換し、徹底的にリフレッシュするわけだが、その内容が尋常ではない。

4

 まず「新品の純正部品がまだ手に入る」ということ。旧車オーナーにとってもっとも悩ましいのは「新品パーツが手に入らない」ことだろう。ホンダは「NSXリフレッシュプラン」のため、部品サプライヤーに「NSXの純正部品の生産継続」を依頼している。

 とはいえ、サプライヤー側ののっぴきならない事情のために、どうしても部品が作れなくなる場合もある。そのときは実質的にはワンオフで部品を作ってもらったり、当時の図面を起こし直して、他のサプライヤーに製造を振り替えたりしているのだ。

2_2

 NSXリフレッシュプランの詳細など詳しい情報満載の「NSX OWNERS FILE」をぜひご覧ください。

NSX OWNERS FILE 』 2,500円(税込み) 交通タイムス社発行

|

« スカイアクティブテクノロジーバッヂが新しくなる? | トップページ | 住友電工の急速充電用のコネクタがまた軽くなった? »

やっぱり高性能車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/58056184

この記事へのトラックバック一覧です: NSXの新車にまだ乗れる! 驚きの「NSXリフレッシュプラン」:

« スカイアクティブテクノロジーバッヂが新しくなる? | トップページ | 住友電工の急速充電用のコネクタがまた軽くなった? »