« NSXの新車にまだ乗れる! 驚きの「NSXリフレッシュプラン」 | トップページ | 【じっくり確認! 日産e-NV200 ⑦】どんな車種展開が可能? »

2014年11月24日 (月)

住友電工の急速充電用のコネクタがまた軽くなった?

 アルミダイキャスト製の急速充電器用のコネクタをリリースしていた住友電気工業が新製品を10月2日に発表しています。その実機を10月29日-31日パシフィコ横浜で開催された「Smart City Week 2014」でチェックをしてきました。

Sevd
 新型のモデル「SEVD™-02(写真右)」はコネクタ部の重量が約800gと、初代モデル「SEVD™-01(写真右)」の約1200gから大きく軽量化を果たしました。その主たる要因はコネクタ本体をアルミダイキャスト(グリップ部は樹脂)から樹脂に変更したことにあります。基本的な形状は大きくは変わりません。また、グリップ下部両側には充電が確認できる充電時点灯ランプを設置しました。

 通常の50kW出力用のケーブルとは別に、低出力タイプの急速充電器に対応した低容量ケーブルを使用したタイプも用意し、それぞれ欧州のCE認証仕様モデルもラインアップ。合計4機種を取り揃えています。

Sevd2_2
 持った感じは明らかに軽く、作業の効率もよさそうです。リリースボタンはSEVD™-01と同様の位置にあり操作性も違和感はなし。あとは実際に急速充電器に装着したモデルで試してみたいですねぇ。(XaCARレポーター・青山義明)

|

« NSXの新車にまだ乗れる! 驚きの「NSXリフレッシュプラン」 | トップページ | 【じっくり確認! 日産e-NV200 ⑦】どんな車種展開が可能? »

これからは電気自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/57848000

この記事へのトラックバック一覧です: 住友電工の急速充電用のコネクタがまた軽くなった?:

« NSXの新車にまだ乗れる! 驚きの「NSXリフレッシュプラン」 | トップページ | 【じっくり確認! 日産e-NV200 ⑦】どんな車種展開が可能? »