« 【じっくり確認! 日産e-NV200 ⑤】サポートプログラムは? | トップページ | 知られざる大震災の地域で「昭和の名車」まちおこし! »

2014年11月 6日 (木)

タイサン千葉監督の大いなる野望?

Chiba
 20回目となるEVフェスティバルが開催されました。今年もポルシェ916のコンバートEVでこのイベントに参加しいるのが千葉泰常さんです。「誰?」と思う人もいるかもしれませんが、チーム・タイサンを率いる千葉監督、その人です。

Tesla
 このブログでも常にレポートしている全日本電気自動車レース(JEVRA)シリーズの発足当初から、テスラ・ロードスターや自ら作ったコンバートEV(ポルシェ916)、さらには市販されたばかりの日産リーフにチーム・タイサンのドライバーを大量投入したり、いろいろと面白いことを仕掛けていました。

2011porsche916
 ここ数年は参戦を休止していましたが、その千葉泰常監督が、再びJEVRAシリーズに参戦する意向を固めたことがわかりました。なんと長年いじってきている千葉さんのポルシェ916が大幅に進化していたのです。

2014porsche916f
 これまで鉛バッテリーを916の前後にたっぷりと積み込んでいましたが、これをリチウムイオン電池に載せ換えました。バッテリー容量は50kWhで、車両総重量が1250㎏まで軽量化されていたのです。千葉さん曰く「これでテスラロードスターをやっつけたい」ということです。テスラ・ロードスターはバッテリーを56kWh積んでおり、車重も1235㎏と非常に近いスペックですね。これでガチンコ勝負は面白そうです。

2014porsche916r
 千葉さんの持っていた真っ赤なテスラ・ロードスターは、2010シーズンはチャンピオンを獲得しました(ドライバーは飯田 章選手)。黒澤 翼選手を擁して戦った2011年シーズンは開幕戦こそ優勝したものの、その後井土智洋選手の後塵を拝して、そこから参戦を休止してましたね。

2014porsche916_2
 ということで、相当打倒「井土テスラ」ということで闘志を燃やしていた様子がわかります。ぜひ頑張ってほしいですね。でももう井土選手参戦していないんですが…。千葉監督が還ってきたら井土選手も参戦しますかね?(XaCARレポーター・青山義明)

|

« 【じっくり確認! 日産e-NV200 ⑤】サポートプログラムは? | トップページ | 知られざる大震災の地域で「昭和の名車」まちおこし! »

パイクス&EVレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/57893234

この記事へのトラックバック一覧です: タイサン千葉監督の大いなる野望?:

« 【じっくり確認! 日産e-NV200 ⑤】サポートプログラムは? | トップページ | 知られざる大震災の地域で「昭和の名車」まちおこし! »