« 2015年 筑波オブ・ザ・イヤー決定!! | トップページ | 藤島知子の「タビトモ 」こぼれ話 長崎県編 »

2014年12月25日 (木)

EV好きの鈴木亜久里さんは、BMW「i8」に何を感じたか?

 以前、CARトップの取材でBMWの電気自動車i3に乗った鈴木亜久里さん。
「時代は、EVに確実に向かっているね。ついにBMWもやってくれた。それにi3は日産のリーフと違う性格だよ。リーフは普通のガソリン車に近づけようとしたセッティングだけど、i3はBMWらしく走りを意識している。アクセルを離したら回生のせいで、かなりブレーキを踏んだ感じだし、面白いね。次のEVスポーツカーのi8に早く乗ってみたいな―」
 というリクエストが実現し、発売開始したばかりのPHV(プラグイン・ハイブリッド)スポーツカーBMW i8の試乗をしてもらうことになった。

 見るからにスーパースポーツカー。ドアが跳ね上がるガルウイングタイプだから、とにかくド派手な形である。レース界のスーパースターは、もっともi8に似合う男に見える。なにしろ、自身でもF1ドライバー時代にフェラーリやランボルギーニなどのスーパースポーツを乗り回していたし、現在は電気モーターのフォーミュラーカーレースである、フォーミュラーeに参戦するチーム代表でもある。

1

 亜久里さんの第一印象はどうか。
「これ、本当に1.5リッターの3気筒エンジン? いくら電気モーターがサポートすると言っても、すごいよこれ。まさしくスポーツカーの加速、フィーリング。5リッターのV8エンジンだと言われると、そうか、いい出来だね、と言ってしまいそう(笑)。これからのハイパフォーマンスカーは、こんなパワーユニットが主流になるかな。BMWの3とか5のMバージョンにもいいね」
2

 絶賛だが、クルマを降りてきて一言。
「いやー、注目度がすごい。恥ずかしいね、これだけ派手だと。それに、このドアは乗り降りしにくい。自分もいい歳になったから、もう少し乗降性のいいクルマにして欲しいけどね(笑)」
 詳細は発売中のCARトップ2月号を!!(城市邦夫)

|

« 2015年 筑波オブ・ザ・イヤー決定!! | トップページ | 藤島知子の「タビトモ 」こぼれ話 長崎県編 »

XaCAR掲載記事」カテゴリの記事

インタビュー&対談」カテゴリの記事

ハイブリッドカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/58365230

この記事へのトラックバック一覧です: EV好きの鈴木亜久里さんは、BMW「i8」に何を感じたか?:

« 2015年 筑波オブ・ザ・イヤー決定!! | トップページ | 藤島知子の「タビトモ 」こぼれ話 長崎県編 »