« このままでは日本の自動車メーカーは生き残って行けない! | トップページ | 激推し購入ガイド・シリーズ第2弾はスバルにスポット »

2014年12月18日 (木)

“P専食堂”裏話・小食のくせにグルメ取材をする2人 その2

 前回に引き続き、P専食堂で食べきれずに残してしまったお店・その2をご紹介しましょう。それは2014年11月号掲載第31食の、中国食堂シャオ(千葉県野田市下三ヶ尾447-12)です。

 このお店は、担々麺好きのご主人が“自分が満足できるものを作りたかった”という担々麺(840円・税抜)が人気。よく使われるチーマージャンではなく、高価な国産ゴマをブレンドして使っていたり、北海道産小麦と黒松内の天然水を使った麺を使っていたりと、こだわり満載。本当に美味しいので、担々麺好きの方にはぜひ食べてもらいたい一品です!

1_2

 そんなシャオにはボリューム満点すぎるメニューもありまして、それが「樽チャーハン」(1380円・税抜)! もう名前からして凄いわけですが、高さ15㎝以上あろうかという樽(写真で比較しているスマホのSH-02Eは高さ13.5㎝です)に、2~3人前のチャーハンがギッシリ! 樽は上げ底じゃないので、下までミッチリ入ってます。

2

 持ってきてくれた店員のお姉さんが「たぶん食べられないと思いますよ!」なんて笑顔で言うもんだから、こちらもカーツさんと、「そこまで言うなら食べてやろうじゃないか!」。小食なくせに張り切って食べ出したものの、樽の中のチャーハン、ゆるーく入っているわけじゃなく、高密度で詰まっているので、食べても食べても減らない!

3
 しかし、こんなことはよくある話のようで、お店では持ち帰り用の容器が用意してあり、ふたり仲良く1つずつ持ち帰ったのでした…。ちなみに、別に一人で食べなくてはいけないというルールはないので、2~3人でシェアして食べるといいと思います。チャーハンの味も2種類まで選べます。あと今回は食べられなかったのですが、全長20cmという棒春捲(230円・税抜)も気になります。

4
 さて、11月26日発売のCARトップ1月号にもP専食堂が掲載されています。今回は栃木にあるめちゃくちゃ綺麗なP専! ぜひご覧ください!!(CARトップ編集部・三沢)

|

« このままでは日本の自動車メーカーは生き残って行けない! | トップページ | 激推し購入ガイド・シリーズ第2弾はスバルにスポット »

CARトップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/58096525

この記事へのトラックバック一覧です: “P専食堂”裏話・小食のくせにグルメ取材をする2人 その2:

« このままでは日本の自動車メーカーは生き残って行けない! | トップページ | 激推し購入ガイド・シリーズ第2弾はスバルにスポット »