« 3Dプリンターで作られるクルマ? | トップページ | 2015年2月、日本初のEVハイヤーが走り出す »

2015年1月31日 (土)

2015年1月31日、四代目ND型ロードスターの走行開始!  

 すでにマツダのホームページや、先頃開催されたオートサロンで、新型ロードスターの勇姿をご覧になった方も多いと思う。本年6月以降の発売は決定しているものの、諸元や価格など詳細なデータはひとつも公表されていない。そんな中、1月31日から新型は走行を開始する。街中を走るということではなく、走行性能の公開が解禁となるということだ。

「姿、形はわかった。ではどんな走りを味わわせてくれるのだろうか?」と、従来のユーザーやファンの皆さんの心には興味が募るばかりだろう。そこでカートップはどこよりも早く公道を疾駆する姿とモータージャーナリストによる走行インプレッションをお届けする。

Photo
                  ドリフトも意のまま

 誌面に登場する20人のモータージャーナリストの中には、初代NA型を所有した者、初代から三代目NC型に渡り相棒とした者、レースで共に戦った者、チューニングの素材として改造に明け暮れた者…。新型の走りはそれぞれの心に宿るロードスターへの慕情をも蘇らせてくれた。

 また5人の女性モータージャーナリストは、
藤島知子●NC型以上RX-7未満の男前なクルマ!
佐藤久実●理想的な後輪駆動のトレーニングカー!
飯田裕子●素朴で健気なタンポポみたい!
まるも亜希子●日本のスポーツカーのふるさと!
竹岡 圭●戦友であり心から愛する相棒!
と揺れる女心を赤裸々に綴ってくれた。

20150131rs

 続いて「スカイアクティブ技術」や世界各地で開催された祝賀会、プロトタイプの全貌を公開した歴代モデル25年間の変遷と記録、そして驚きは編集部が独自に製作した妄想・新車カタログだ。本年6月までの半年間、この縮刷カタログで思いを募らせてほしいと思う。

 さらに特筆すべきは、開発責任者である山本修弘主査の直筆サインとメッセージを公開。
「初志を明日に繋げるために。守るために変えていく」という主題を読み解いてほしい!

 圧倒的迫力で迫るピンナップ、モータージャーナリスト20人の走行インプレッション、スカイアクティブ技術解説、ロードスターの歴史、山本修弘主査の言葉、妄想カタログなど今知りたい情報を完全網羅。雑誌ならではの深い考察と長い思い出、圧倒的迫力をお楽しみいただきたい。

20150131
           CARTOPMOOK プレビュー速報 第 6
            『マツダ新型ロードスター
          ●1月31日発売●オールカラー96ページ●980円(税込)

|

« 3Dプリンターで作られるクルマ? | トップページ | 2015年2月、日本初のEVハイヤーが走り出す »

CARトップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/58746901

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年1月31日、四代目ND型ロードスターの走行開始!  :

« 3Dプリンターで作られるクルマ? | トップページ | 2015年2月、日本初のEVハイヤーが走り出す »