« 東京オートサロン2015 派手なEV、地味なEV | トップページ | テスラ モデルSの恐ろしい進化 »

2015年1月16日 (金)

EVに生まれ変わったプリウスがD1デモランを披露!

「東京オートサロン2015 with NAPAC」の屋外特設コースにドリフトのD1グランプリのキックオフ・ドリフトが行なわれましたが、ここにコンバートEVマシンが登場しました。

Prius
 OZ MOTORS VERTEX PRIUSは、30プリウスをベースにEVにコンバートした車両です。単純にEV化しただけではなく、ドリフト競技用にFR化しています。FRというのは、その名の通り、本当にFRになっています。フロントにモーターを搭載して、プロペラシャフトを回して後輪で駆動するわけです。フロントにモーター2基とコントロールユニット、そしてクラッチ&シーケンシャル6速ミッションを積み、キャビンスペース等を使ってバッテリーを搭載しています。ちなみにバッテリーはリン酸鉄リチウムイオン電池で、バッテリー容量46kWhとなります。

 ちなみに、この車両、走り初めの1月9日に合わせ、突貫工事で製作されており、この走行がほぼシェイクダウン状態だったということです。このプリウスのFRになっている点については、既存のドリフトマシンのノウハウを投入できるという意味での採用だったようで、今後セッティングを煮詰めていく中には、大幅なレイアウト変更もあるかもしれません。

Prius2
 ワイドになったプリウスの外装系のボディワークは、この車両の開発ドライバーでこの日もステアリングを握っていたD1ドライバー上野高広選手が手掛ける「VERTEX T&E」ブランドのボディキットを使用しています。

 上野選手は「今回は出力は1/4ほどに制限して走行しました。車両は作り上げたばかりですべてがまだまだですが、EVとドリフトの相性は、アクセルを踏むと同時に最大トルクが立ち上がるという点からも非常に良いと思ってますし、このプリウス自体の動きは悪くないので、うまくいけばシーズンの前半からでもそのパフォーマンスの良さをお見せできると思っています」とコメントしてくれました。

Prius3
 このプリウス、今シーズンのD1GPのエキシビジョンマッチへの参戦。D1GP開幕戦は4月18日(土)~19日(日) 東京・お台場NOP地区特設コースで開催となります。(XaCARレポーター・青山義明)

|

« 東京オートサロン2015 派手なEV、地味なEV | トップページ | テスラ モデルSの恐ろしい進化 »

これからは電気自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/58555742

この記事へのトラックバック一覧です: EVに生まれ変わったプリウスがD1デモランを披露!:

« 東京オートサロン2015 派手なEV、地味なEV | トップページ | テスラ モデルSの恐ろしい進化 »