« 最新軽自動車の小冊子も付いて、CARトップ3月号は本日発売! | トップページ | 雑誌のカメラマンってじつは過酷!? »

2015年1月27日 (火)

ヒュンダイもFCVに力を入れている?

 今、FCVといえばトヨタMIRAIというイメージが強いですが、ヒュンダイ(現代自動車)もすでにFCVを生産しています。

Tucson
 ヒュンダイがリリースしているのは、SUVタイプの燃料電池車「ツーソンFCEV」です。すでにライン生産をしているこのツーソンFCEV、1回あたりの航続距離は426kmということです。昨年11月にはカナダで発表し、年始には3年のリース契約という形でデリバリーをスタートさせたというリリースも発表しています。

Tucson2
 ホンダがFCVコンセプトを北米で初お披露目した今年のデトロイトショーでは、そのツーソンFCEVの展示に変化がありました。

Tucsondriveunitla
 これまでも昨年11月のLAオートショーではツーソンFCEVと駆動ユニット単体の展示をしていました。

Tucsoncutmodel
 それが今回はカットモデルに進化していました。トヨタもMIRAIのカットモデルを展示していますし、少し気合いが入ったといったところでしょうか?

Bluedrive
 ちなみに、ヒュンダイは「ブルードライブ」という低炭素戦略に基づき、FCVだけでなく、ピュアEV、そしてPHEV、ハイブリッド、バイオ燃料車の展開をしていくようです。

Sonatahyb
 2.4Lエンジンとモーター、そしてリチウムポリマー電池を搭載したソナタ・ハイブリッドも販売しています。(XaCARレポーター・青山義明)

|

« 最新軽自動車の小冊子も付いて、CARトップ3月号は本日発売! | トップページ | 雑誌のカメラマンってじつは過酷!? »

これからは電気自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/58705030

この記事へのトラックバック一覧です: ヒュンダイもFCVに力を入れている?:

« 最新軽自動車の小冊子も付いて、CARトップ3月号は本日発売! | トップページ | 雑誌のカメラマンってじつは過酷!? »