« テスラ モデルSが生まれ変わる? | トップページ | 吉田由美さんがメルセデス・ベンツの広報の嶋田さんに迫る »

2015年1月 4日 (日)

未来が楽しいクルマ社会になることを祈願!!!

 CARトップ、XaCARをはじめ、読者のみなさん、あけまして おめでとうございます

 今年は1月1日から各地で雪が降り、スタッドレスタイヤをつけていない人は、お困りになったのでは? もちろんチェーンでも対応できるから、雪対策をしてくださいね。滑りやすい路面の走りでは、アクセルやブレーキ、ステアリングの急な操作は厳禁!です。

Photo_2
 さて、今年の干支(えと)は未(ひつじ)。未来の未と書いて「ひつじ」と読みます。60歳の還暦というのは十干十二支(じっかんじゅうにし)でカウントすると元に戻るということです。今年は乙羊(きのとひつじ)になるわけです。十干十二支は、60のこまかい干支に分けられます。有名なものが丙午(ひのえうま)ですね。

 さてさてそんな未年ですが、「未」といえば、トヨタの電気自動車「未来」が走り始める年です。水素による燃料電池(FC)で動く車で、昨年発表され、この1年で400台くらいを納車、以降生産を拡大する予定です。いよいよ、未来のエネルギーと言われていた世界初の量産水素自動車が本当に走り始める年です。

Photo
          昨年の新城ラリーで、MIRAIの00カー(先導車)とドライブした豊田章夫社長

 電気自動車の量産車は、三菱のアイ・ミーブ、日産のリーフから始まりました。昨年BMWからは、発電用のエンジンを積み航続距離をのばしたエクステンダ―EVの「i3」も走り始めました。時代は大きく変わり始めています。一方で軽規格のスポーツカー、ホンダS660がまもなく正式に発売、春にはマツダの量産スポーツカー、新型ロードスターが発売されます。ホンダF1復帰もいよいよです。楽しい話がいっぱいの「ひつじ年」のスタートです。

 今年も面白く、役に立つ情報をお届けします。このブログをお楽しみに。また本格的なクルマ情報サイトのWEB CARTOPも一緒に見てくださいね。(編集部)

|

« テスラ モデルSが生まれ変わる? | トップページ | 吉田由美さんがメルセデス・ベンツの広報の嶋田さんに迫る »

CARトップ」カテゴリの記事

これからは電気自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/58452992

この記事へのトラックバック一覧です: 未来が楽しいクルマ社会になることを祈願!!!:

« テスラ モデルSが生まれ変わる? | トップページ | 吉田由美さんがメルセデス・ベンツの広報の嶋田さんに迫る »