« 筑波サーキットテストは単にタイムアタックだけじゃない! | トップページ | S660(ロクロクマル)を作り上げた情熱が伝わってくる至極の一冊! »

2015年3月27日 (金)

ロレックスのことならこの1冊、POWER Watch5月号

 3月30日発売のPOWER Watch5月号では、いつにも増して大好評だった前号に続けと制作に臨み、前号に負けず劣らずの読み応えのある特集記事を実施しました。

 まず何と言っても注目は、別冊付録の「ゼロからわかるロレックス〈保存版〉」。時計好きでなくとも、その名を知るほどの圧倒的なネームバリューを持つ大人気ブランド、ロレックス。“最強の実用時計”など、様々に語られるロレックスですが、本企画ではロレックスに関する予備知識がなくてもその魅力が十二分にわかるように、“歴史と変遷”“品質と性能”“資産価値”そして“全カタログ”と、大きく4テーマからじっくりと魅力を検証。初めての人でもゼロからわかるロレックス本の決定版となっています。

Pw81_
 そして、今回の第1特集は「こんな時代だからこそ旧型を楽しもう。」と題した、大ボリュームのディスコンモデルクローズアップ企画です。毎年、様々な新作時計が発表され、時計ファンを楽しませてくれますが、その一方で、役目を終えて生産終了となっていく時代を飾った名作・傑作時計たちも数多く存在します。工業製品では“最新が最良”とよく言われていますが、単なる道具ではない、嗜好品として趣味の要素の強い高級時計においては、必ずしも最新が最良とは限りません。そこで本企画では、現行品に負けず劣らずの魅力を持ち、いまも高い支持を得ている生産終了モデルをクローズアップ! 一体何が時計ファンの心を引き付けるのか、かつて一時代を築いた名作時計の魅力を現在の市場動向と合わせながら、いま一度迫ってみました。

 さらに第2特集では「10万円台までの予算で買う 良い時計選手権」。と題して、税込み20万円未満の価格で購入できる腕時計の魅力に迫りました。

 原材料費の高騰や為替の変動などを理由に、どんどん価格が上昇している高級腕時計市場。かつては10万円台までの購入予算があれば魅力的な時計がそれなりに購入できましたが、現在はどうでしょう? 確かに手頃な価格の良質時計は減少傾向にありますが、諦めることはありません。こんな時代にあっても10万円台までの購入予算で買えるお手頃価格の良い時計は少なくありません。本企画では仕上げ、デザイン、機能の3ジャンルから編集部で厳選に厳選を重ねた良い時計だけを掲載。いずれの時計も、時計好きはもちろんのこと、初めて時計を買うビギナーにもぜひオススメのものばかり。その価格も相まって、思わず買いたくなること請け合いです。

 強力な3大企画を軸に、幅広く時計情報を網羅した読み応えのある企画が盛りだくさん! 今号もビギナーからマニアまで満足すること受け合いの濃密な内容で、どの企画も見逃し厳禁です。(パワーウオッチ編集部)

|

« 筑波サーキットテストは単にタイムアタックだけじゃない! | トップページ | S660(ロクロクマル)を作り上げた情熱が伝わってくる至極の一冊! »

新刊(最新号)紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/59424315

この記事へのトラックバック一覧です: ロレックスのことならこの1冊、POWER Watch5月号:

« 筑波サーキットテストは単にタイムアタックだけじゃない! | トップページ | S660(ロクロクマル)を作り上げた情熱が伝わってくる至極の一冊! »