« 初心者キャンパーの妄想がどんどん膨らみます! | トップページ | ホンダHEH55がついに市販化&初設置! »

2015年3月17日 (火)

ホンダが受賞した「ジャパン・レジリエンス・アワード」ってなに?

 第1回ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)の企業・産業部門でホンダが優秀賞を受賞しました。

 「スマート水素ステーション」と「V2H対応DC普通充電器“Honda Power Manager”」および「外部給電器“Honda Power Exporter CONCEPT”」がホンダの「電動化モビリティを活用したV2Xによる強靭なコミュニティづくりへ貢献する機器の提案」ということで、受賞したわけです。(下の写真は左がスマート水素ステーション、右がHonda Power Exporter CONCEPT)

Resilience2
 ところで、ジャパン・レジリエンス・アワードってなんでしょう?

 レジリエンス(resilience)とは英語で、回復力とか復元力という意味で、ここでは強靭化という訳を当てています。

 「国土強靭化(ナショナル・レジリエンス)基本計画」に基づき、国民の生命と財産を守り抜き、さらには日本の産業競争力を高め、事前防災・減災の考えに基づき「強くてしなやかな国」をつくるため、国土強靭化の理解を促進し、行動を誘発していき、レジリエンス立国を構築していくことを目的として設立された一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会が創設したアワードです。

Resilience4
 次世代に向けたレジリエンス社会を構築するため、『強靭化』に関する先進的な活動を発掘、評価し、表彰する制度として、2014年11月に創設され、今回のアワードが第一回目となります。強靭な国づくり、地域づくり、人づくり、産業づくりに資する活動、技術開発、製品開発等に取り組んでいる全国の企業・団体からから約200件の応募があり、一次選考(書類審査)と最終審査(審査委員審査)を経て、95件が表彰されたということです。

Resilience

 3月14日から開催されている国連防災世界会議の併催イベントとして、3月15日に仙台市民会館で表彰式が開催されました。

Resilience3
 アワード事務局からの評価は「本業との関連性において目的や方法が自社の強みを活かしたものであり、また事業に従来の企業活動と明確な差異が見られ広がりが期待できる」ということだそうです。この受賞した3商品のうち「V2H対応DC普通充電器」は、3月16日に埼玉県さいたま市立太田小学校内に設置し、引き渡し式が行なわれました。もちろん、この充電器設置場所にはレジリエンス・アワードの受賞ステッカーが貼られていましたよ!(XaCARレポーター・青山義明)

|

« 初心者キャンパーの妄想がどんどん膨らみます! | トップページ | ホンダHEH55がついに市販化&初設置! »

CARトップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/59292974

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダが受賞した「ジャパン・レジリエンス・アワード」ってなに?:

« 初心者キャンパーの妄想がどんどん膨らみます! | トップページ | ホンダHEH55がついに市販化&初設置! »