« ロレックスのことならこの1冊、POWER Watch5月号 | トップページ | CARトップ名物 の「筑波アタック」は今年も全開! »

2015年3月30日 (月)

S660(ロクロクマル)を作り上げた情熱が伝わってくる至極の一冊!

 こんなクルマを作れるのはホンダ以外にないよなぁ、というのが本心です。制作者側の一人としてだけでなく、個人的にも非常に気になっていた一台でした。

 というのも、今から20年以上前に自分でもホンダS600クーペのオーナーだったこともあり、ホンダが作るマイクロスポーツが本気なのかどうか気になっていたわけです。しかも次の世代で「S」を背負うことになったS2000では、開発段階からプロモーションビデオ製作に携わり、開発メンバーたちと一緒にニュルブルクリンクを走ったりアウトバーンで全開走行したりと、なぜかホンダの「S」には縁があったからです。

2015330s660
 熊本のHSRサーキットで行なわれた事前撮影会&試乗会(この本の表紙の写真や黒沢元治さん、藤島知子さんが試乗している場所)、四日市の八千代工業では実際にS660が製作されている現場、さらに袖ヶ浦フォレストレースウェイでの試乗会など、至る所でS660が出来るまでをつぶさに取材してきました。

660
 そして今度の「S660」は、本気も本気! 正真正銘のホンダスポーツのど真中のクルマでした。若きLPLである椋本(むくもと)陵さん、そして彼を支える若手とベテランたちの絶妙な連携作業、いや連係プレイが見事なまでのマイクロピュアスポーツカーを作り上げたのです。基本スペックは軽自動車の枠の中に収まりながらも、その走りや作りは「軽自動車の枠」には全く収まらない「ハミ出し企画」の実にホンダらしいクルマでした。

2015330s660mokuj
 ということで、この素晴らしいS660の楽しさや素晴らしさ、開発メンバーの熱い思いをギュッと凝縮して一冊にまとめあげたのがこの本です! 間違いなく永久保存版のマーベラスな仕上がりになっていますので、ぜひとも一度書店でお手に取ってご覧ください。(山本亨)
CARTOPMOOK
ニューカー速報プラス第18弾 新型ホンダS660
価格 880円(税込)

|

« ロレックスのことならこの1冊、POWER Watch5月号 | トップページ | CARトップ名物 の「筑波アタック」は今年も全開! »

CARトップ」カテゴリの記事

新刊(最新号)紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/59460722

この記事へのトラックバック一覧です: S660(ロクロクマル)を作り上げた情熱が伝わってくる至極の一冊!:

« ロレックスのことならこの1冊、POWER Watch5月号 | トップページ | CARトップ名物 の「筑波アタック」は今年も全開! »