« EVのコンバートEV? | トップページ | 人気・話題の輸入車を、5段階評価で徹底解説 »

2015年4月27日 (月)

【JEVRA第一戦】今シーズンもスタート! 相変わらず、86コンバート強し!

 全日本電気自動車グランプリ(JEVRA)の2015年シーズンがようやく開幕しました。今年も全6戦が開催予定されています。今年は、BMW  i3が開幕戦から2台エントリー。もちろん、エントリー以外にも3台が応援に駆け付け、場内にはi3がたくさん。JEVRAの会員組織であるCLUB JEVRAのメンバーが多数駆けつけていたため、もちろん、リーフもたくさん。本戦のエントリーも今回は17台と多く、場内は活気に満ちていました。

Jevra_i3
Jevra_charge
 昨日のエントリーでご紹介した日産リーフのバッテリー2台分積載の車両は予選セッション走行終了後に充電ができないというトラブルがあって、結局本戦には進めず。 その真価を見極めるタイミングはまさ先送りとなってしまいました。

Jevra_leaf2
 結果スターティンググリッドには16台が並び、午後3時45分、50㎞先のゴールに向けて、各車が一斉にスタートしました。先頭はトヨタ86のコンバートEVを操る金沢秀好選手(#39 ウェルマー☆ビルズ☆FT86EV/EV-Cクラス)。2番手には、ボディの軽さと後輪駆動というスタートには圧倒的に有利な武器をしっかりと活かし、9番グリッドから飛び出した菰田 潔選手が急浮上。

Jevra_start
 その後ろに、金井亮忠選手(#72 チームNATS・日本自動車大学校・リーフ/EV-3クラス)を先頭にリーフがずらりと並びます。このリーフの集団は、レースを通して終始このような車列のまま。もちろんこの中では小競り合いのようなバトルが常に展開されていました。

Jevra_leaf
 金沢選手が後続を引き離していくという展開は毎度おなじみ。途中ペースを落とすなどあったものの、一度も前を譲ることなく鉄板の走りで優勝を勝ち取りました。

Jevra_86
 続く2番手には、BMW i3、と思いきや、最後の最後、最終ラップでリーフに乗る金井選手がこれをパスして、2位金井選手、3位菰田選手が表彰台に上がりました。

Jevra_podiumjpg

RESULT

 総合順位/クラス順/ドライバー/車番車名/周回/所要時間/トップ差/ベストタイム
1
EV-C_1/金沢秀好/#39ウェルマービルズFT86EV/2132'47.558-1'28.375
2
EV-3_1/金井亮忠/#72チームNATS・日本自動車大学校・リーフ/2133'48.7241'01.1661'26.351
3
EV-2_1/菰田 潔/#17 BMW i3/2133'51.6921'04.1341'32.216
4
EV-3_2/レーサー鹿島/#88東洋電産LEAF2133'52.0011'04.4431'26.623

5EV-3_3/国沢光宏/#57 日産リーフ/2134'08.0081'20.4501'28.691

|

« EVのコンバートEV? | トップページ | 人気・話題の輸入車を、5段階評価で徹底解説 »

パイクス&EVレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1468227/59786964

この記事へのトラックバック一覧です: 【JEVRA第一戦】今シーズンもスタート! 相変わらず、86コンバート強し!:

« EVのコンバートEV? | トップページ | 人気・話題の輸入車を、5段階評価で徹底解説 »